週プレNEWS TOP 連載コラム 小島慶子のそこじゃない! 小島慶子のそこじゃない! 浦和レッズを挑発し大炎上した上西小百合議員は“火をつける場所”が違う!

連載コラム

小島慶子のそこじゃない! 浦和レッズを挑発し大炎上した上西小百合議員は“火をつける場所”が違う!

[2017年08月02日]

志を燃やして、くじけずに仕事をしてほしい

浦和レッズおよびそのサポーターに対し、「他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」「くたばれレッズ!」など何度となく挑発的なツイートを続け、大炎上を起こした上西小百合衆議院議員。

自身に注目を集めるための炎上商法と見る向きもあるが…。

タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に独自の視点で斬り込む!

* * *

もう「炎上」という文字に、すっかり目が慣れてしまいました。上西議員のサッカーに関する発言が大きな騒ぎに。

サッカー騒動に関連する発言ではないですが、上西さんは7月7日にこんなツイートをしています。

「今の政治家ごときを“上”だと思っている人なんてどこにもいません。私に限らず政治家なんてそれぐらい馬鹿にされています。(中略)“今の”政治家の仕事は“表面上”アタマをペコペコ下げて国民のガス抜きをする事。他には無し」

それを言ったらおしまいです。国会で無力感を覚えるとか、街頭演説で手応えを感じないとかいろいろ鬱積(うっせき)した思いがあった上での自虐的なツイートなのかもしれないけど。

バカにされても、むなしくなっても、こんな人たちのために政治やるのなんて…という気持ちになったとしても、もっと住みやすい社会にしようとか、不平等をなくそうとか、くじけずに仕事をしてほしい。それはどの政治家にも求められていることだし、そこにこそ心血を注ぎ、志を燃やしてほしい。

地道に政治に期待している人の怒りは、炎上騒ぎより、もっともっと熱いと思います。

●小島慶子(こじま・けいこ)
タレント、エッセイスト。テレビの街頭インタビューで「総理なんて誰がやっても同じ」「今の議員はバカばっかり」などの意見を放送していることがあるけど、誰がやっても同じじゃないだろ!と毎度思う


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.52

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!