週プレNEWS TOP ニュース スポーツ スワローズひと筋47年――知る人ぞ知る、八重樫幸雄“黄金伝説”&本人直撃で愛すべき球団と時代を振り返る!

ニュース

スワローズひと筋47年――知る人ぞ知る、八重樫幸雄“黄金伝説”&本人直撃で愛すべき球団と時代を振り返る!

[2017年08月12日]

1951年生まれ、宮城県出身。66歳。仙台商高から69年ドラフト1位でヤクルトアトムズに入団。昨年まで47年ヤクルトひと筋

「なぜ今、ヤエガシ特集なの!?」と思った読者の方には、逆にこう問いたい。「あなたの中のヤエガシは今、本当に足りてますか? 間に合ってますか?」

天性の素質、朴訥(ぼくとつ)な人柄、努力する才能、度量の広さにオープンハート……。“NO OPEN, NO LIFE”--今、日本人に最も必要なもの、それはヤエガシなのだ! 

というわけで、前編記事に続き、八重樫幸雄(やえがし・ゆきお)氏の「黄金伝説」の数々を紹介!

* * *

【黄金伝説6】岩村明憲、青木宣親を超一流に育て上げた男

ヤクルトひと筋23年間の現役生活を過ごした八重樫はこの間、三原脩(おさむ)、広岡達朗、そして野村克也の下でプレーしている。球史に残る3人の知将の下でプレーしたのは八重樫ぐらいだ。彼は今でも「三原ノート」「野村ノート」を大切に保管し、野球道を反復学習しているという。現役引退後は、それらを生かし、バッテリーコーチ、打撃コーチ、そして2軍監督などを歴任。1軍打撃コーチ時代には後にメジャーリーガーとなる岩村明憲、青木宣親(のりちか)らを徹底的に指導。飛躍をサポートした。その指導力は折り紙付きなのだ。

【黄金伝説7】「ハチ」と呼ばれて愛される朴訥な人柄

一プロ野球選手、一指導者としてだけではなく、ユニフォームを脱いだ八重樫は東北人らしい朴訥で誠実な人柄。誰からも愛される存在だった。ノムさんをはじめとする球界の大御所たちも、彼のことを八重樫にちなんで「ハチ」と呼んでかわいがり、決して言葉数は多くないものの、いつも笑顔でみんなの話を聞いている。

宮沢賢治の『雨ニモマケズ』に登場する「丈夫ナカラダヲモチ 慾(よく)ハナク 決シテ瞋(イカ)ラズ イツモシヅカニワラッテヰル」というのは八重樫のことではないかとウワサされたことも。

【黄金伝説8】ひと晩でダルマ2本を飲み干す、超酒豪

八重樫は酒の席でもいつも穏やかでニコニコ笑顔。淡々と酒を飲み干し、気がつけば通称“ダルマ”と呼ばれるサントリーオールドをひとりで2本も空にする。それでも酩酊もせず、二日酔いにもならない超酒豪。二日酔いになったのは60歳を過ぎてから。「オレも年だね。酒に弱くなったものだよ」と言いつつ、今日も豪快にグビグビ。彼の周囲には、常に笑顔が絶えない。

* * *

そして、数々の黄金伝説を残したヤクルト・レジェンドOBの八重樫幸雄氏と、単行本『いつも、気づけば神宮に』の著者・長谷川昌一氏のスワローズ秘話を語り尽くすイベントが、7月15日(日)「週プレ酒場」で開催された。そこで、八重樫幸雄氏を直撃!


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 9th 2O18 no.28
  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.28