週プレNEWS TOP ニュース スポーツ スワローズひと筋47年――知る人ぞ知る、八重樫幸雄“黄金伝説”&本人直撃で愛すべき球団と時代を振り返る!

ニュース

スワローズひと筋47年――知る人ぞ知る、八重樫幸雄“黄金伝説”&本人直撃で愛すべき球団と時代を振り返る!

[2017年08月12日]

日本酒をヤクルトで割った「ストロング八重樫」を飲みながらのゴキゲンなトークショー

日本酒をヤクルトで割った「ストロング八重樫」を飲みながらのゴキゲンなトークショー

―八重樫さんは、オープンスタンスを体得する以前は、一本足打法だったんですよね?

八重樫 入団6年目ですかね。王さんを育てた荒川コーチがヤクルトに来て、半ば強制的に一本足をやらされたんです。荒川さんのご自宅で、パンツ一丁でバット振らされてね。

―それまでずっとスクエアで打ってきて、いきなりやらされて一本足って、できるものですか?

八重樫 それはできましたね。でも、ボールには当たらなかったですけど(笑)。

―ダメじゃないですか。

八重樫 正直、自分に一本足は合わないと思ってたけど、当時はコーチに言われたら「はい」しか言えない時代ですから。でも、打てないから二本足に戻したんですが、一本足のクセがついてしまって、全然、タイミングが合わなくなって。

―要は、フォームをバラバラにされてしまったと。

八重樫 はい。でも、終わってみれば、40歳過ぎまで現役でできたのは、あの頃の練習があったからです。とにかく振り込んだからね。

―で、その後、目が悪くなったために、どんどんオープンスタンスに。

八重樫 神宮のバックスクリーンにコカ・コーラの赤い看板が設置されたんですけど、その頃から背の高い投手のボールが消えるようになったんです。僕はあの看板のせいで乱視になったんですよ(笑)。

―で、眼鏡をかけたと。

八重樫 ええ。でも、当時は眼鏡のフレームが今みたいなノーフレームじゃなかったから、打席でボールがフレームに重なったりして、それでどんどん体が開いていったんです。

―自分でちょっと開きすぎだなと思ったことは?

八重樫 対戦投手によって調整はしたんですよ。アンダースローの投手の時は一番、開いてたかもね(笑)。

◆創刊50周年を迎えた週刊プレイボーイが企画する、お酒を飲みながら読者が生で楽しめるワンダーランド『週プレ酒場』では、週プレならではのイベントも開催! 詳しくは『週プレ酒場』公式HPをチェック!

明るく、家族的なことから「ファミリー球団」ともいわれる東京ヤクルトスワローズ。その独特のチームカラーの正体を掘り下げ多数のレジェンドOB、現役選手、首脳陣らを取材した単行本『いつも、気づけば神宮に』は絶賛発売中!

(取材・文/長谷川晶一 写真/下城英悟)


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017