週プレNEWS TOP 連載コラム 語っていいとも! 語っていいとも! 第45回ゲスト・草刈麻有「一緒に映画館行ったりはよくして…父(草刈正雄)と号泣みたいな(笑)」

連載コラム

語っていいとも! 第45回ゲスト・草刈麻有「一緒に映画館行ったりはよくして…父(草刈正雄)と号泣みたいな(笑)」

[2017年08月27日]

草刈家のエピソードとともに笑いが絶えない素顔を見せてくれた草刈麻有さん

あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』

第45回のゲストで俳優の加藤諒さんからご紹介いただいたのは女優の草刈麻有(まゆう)さん。

父親が二枚目俳優で最近はコミカルな役から『真田丸』での重厚な演技まで幅広く活躍する草刈正雄さん、姉がダンサーでバラエティ番組でのトークも注目される紅蘭(くらん)さんという芸能一家で、自らも10代から女優デビュー。

この日は、専属モデルだった『セブンティーン』の頃以来という神保町・集英社での取材。その美少女っぷりからミステリアスでクールな印象もあるが、草刈家のエピソードとともに笑いが絶えない素顔を見せてくれたーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一)

―『セブンティーン』のモデル時代は結構この辺も来てました?

草刈 通ってました、向かいのビル。学校帰りとかも。神保町来るの懐かしかったです。

―では、青春の1ページみたいな。

草刈 はい、まさに(笑)。

―今回、加藤さんからのお友達紹介ということで。ちょっと驚きました?

草刈 驚きました。でもたまに連絡取ってるんですよ。

―実は珍しくこちらがちょっと誘導したのもあって。麻有ちゃんはどうですかって?

草刈 そうなんですか? えーっ、ありがとうございます!

―本当にドラマの『主に泣いてます』が大好きだったので。原作の漫画もずっと好きで読んでたんですけど、あの世界観をここまで見事に映像化してくれるとは!って。みんな登場人物のキャラもハマっててね。

草刈 本当ですかー。何年も前の作品なのに、嬉しいです。プロデューサーの方がやっぱりすごく原作に思い入れがあったみたいなんですよね。

―そうなんでしょうね。まんまと僕はDVDボックスも買っちゃいました(笑)。正直、諒くんをちゃんと認識したのもこの小桃役で。もちろん麻有さんのことも知ってはいたんだけど、このつね役で「おー、これはいい!」みたいな(笑)。

草刈 本当ですか? 嬉しい(笑)。よく気付かれないんですけどね、あの役。なんか…おかっぱとかだったし。事務所を新しく今年の3月から変わったんですけど、そのチーフマネージャーさんも『主に泣いてます』観てたけど、麻有ちゃんってわかんなかったって(笑)。

―ほんとですか! それは意外だけど…それだけ同一化して紛れていたと(笑)。

草刈 キャラが濃かったからですかね?(笑) でも、途中から台本見なくても台詞が頭から浮かんでくるっていう。なんですかね…途中からつねになってたっていうか…そういう感じだったんで、台詞覚えに苦労はしなかったです(笑)。

―そこまでハマってシンクロできたってスゴいですよね。髪型とか制服もあそこまでキャラ立ちしてると、逆に照れもあって不思議じゃない気もするけど。恥ずかしさとかはなかった?

草刈 んー。なかったですね。そのプロデューサーの方も「こういうイメージで私の中ではこうだから!」みたいなのがすごいあったので、私も掴(つか)みやすかったですし。こういう時、こう思うだろうなってわかってきて、それっぽくお芝居してたら「いいじゃん、よかったよ」ってことがあって…。


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017
  • No.45 Nov 6th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

 

プレイボーイコミックス

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!

メルマガ会員&アンケート 2017年No.48