週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 ベストセラー連発のカリスマ指導者に聞く!“食べてヤセる”秘訣--コンビニの弁当やレジ前にあるホットスナックはすべてアウトです!

連載コラム

ベストセラー連発のカリスマ指導者に聞く!“食べてヤセる”秘訣--コンビニの弁当やレジ前にあるホットスナックはすべてアウトです!

[2017年08月30日]

カレーライスはNGだが、カレーうどんはOK? その理由とは…

夏ももう終わり--。暑くて麺類や水分ばかり摂っていたから夏ヤセしたかと思いきや、まさかの“夏太り”に愕然…なんて人も?

もう薄着の季節も終わるし…なんて、気がゆるみがちな今こそ肝心なのだが、そこで注目したい1冊が『ヤセたければ走るな、食べろ!』だ。

これまで10冊以上のダイエット本を執筆、ベストセラーを連発してきた運動指導者・森拓郎さんによる男性向けの最新刊。運動せずに、食べるだけでヤセられるメソッドが紹介され、運動苦手&食べること大好きな読者にもピッタリだ。

そんな森さんにヤセ方のコツから具体的な食事法までを聞いた。さあ今こそ、新たな肉体を手に入れろ!

* * *

 ―森さんの新刊『ヤセたければ走るな、食べろ!』ですが、これは「運動する=ヤセる」が間違いだということなんですか?

 そうです。ヤセる=消費カロリーが摂取カロリーを上回ることなのは大前提として、それを運動や、あるいは食べ物を減らしてやろうとしてもうまくいかないんです。たとえヤセたところで、その大半はリバウンドしてしまいます。

―一般的には運動して筋肉を増やすことで代謝を上げ、その結果、ヤセると言われています。

 間違ってはいませんが、思う以上にはヤセません。そもそも一般人より筋肉のあるアスリートでも太りますから。運動すればするほど体が慣れて、代謝をセーブするようになってしまう。エネルギーを消費しにくい体になっていくんです。

―運動とともに食事制限を行なえば効果があるんじゃないですか?

 それはもっとダメですね。運動するとエネルギーばかりかビタミンやミネラル、たんぱく質など必要な栄養素も消費する。その上に食事制限を行なえば栄養不足は余計に進み、筋肉が落ちて代謝も悪くなり、体調も悪くなります。栄養不足でやつれて体重が落ちて、食べたら体につくのは脂肪だけなので、結局、前より余計に太ったことにもなります。

―それで「食べろ」と。では、どんな食べ方がいいんですか?

 三大栄養素として、糖質、脂質、たんぱく質があって、それぞれエネルギーにはなるんですけど、最も大事なのがたんぱく質。筋肉をはじめ血液や皮膚、爪などの体を構成します。筋肉を落とさず健康的にヤセるにはたんぱく質を摂りながら、糖質と脂質を抑えることが大事です。

―本の中では「朝と昼は低脂肪食、夜は低糖質」がよいと。

 森 そう。つまり、低糖質食と低脂肪食のいいところどりをするわけです。糖質と脂質を同時にガッツリ摂らなければ、人間のカラダは肥満にならないメカニズムになっていて、それを利用します。言い換えれば、両方を同時に摂ると太りやすくなりますね。

―思い切って完全に糖質制限をするのはどうなんでしょうか?

 確かに一時的にヤセますが、摂ってよい食材が限られますし、食材の調達が難しかったりしてストレスが溜まります。また、たんぱく質が不足するなど栄養バランスが崩れ、筋肉量が減ったり、体調も崩しかねません。さらにリバウンドもしやすいのでオススメはできないです。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27