週プレNEWS TOP 連載コラム セルジオ越後のサッカー「一蹴両断!」 セルジオ越後がW杯予選オーストラリア戦直前の日本代表に活!「ドイツW杯で逆転負けしたことを思い出せ!」

連載コラム

セルジオ越後がW杯予選オーストラリア戦直前の日本代表に活!「ドイツW杯で逆転負けしたことを思い出せ!」

[2017年08月31日]

日本は前線に誰を起用するか。そこがカギを握ると語るセルジオ越後氏

しびれる試合になるのは間違いない。重要になるのは技術よりも精神的なタフさ。相手のほうが力が上だと思って、自分たちの力を120%出すつもりで戦えれば勝機は十分ある。

W杯最終予選の大一番、オーストラリア戦(8月31日・埼玉)が迫ってきた。残り2試合で首位に立っている日本は、勝てばW杯出場が決定。でも、引き分け以下だと一気に苦しい立場に立たされる。最終節の相手は現在2位の強敵サウジアラビア。しかもアウェー。そこまでもつれ込む展開は避けたいところだ。

オーストラリアは過去、W杯予選で日本に一度も負けたことがない。また、今回の最終予選もこれまで8試合で4勝4分けと負けなし。以前ほどのビッグネームはいないものの、特定の選手に頼るサッカーではなくなり、むしろ選手層は厚くなった印象だ。6月のコンフェデ杯でも、試合ごとにメンバーを入れ替えていたけど、サッカーの質が落ちることはなく、チリ、カメルーンといった強豪国相手に引き分けに持ち込んだ。

スタイルとしては、昔のように体格を生かしてロングボールを放り込むのではなく、中盤でしっかりつないでくる。昨年10月のアウェー戦では、オーストラリアがボールを保持して試合の主導権を握り、日本が守りを固めてカウンターを狙う展開になった。今回も日本のホームとはいえ、ある程度は同じ展開になるんじゃないかな。

迎え撃つ日本は、前線に誰を起用するか。そこがカギを握る。以前から何度も言っているけど、コンディションのいい選手を選ぶのが大前提。勝ち点3を奪えなかった6月のイラク戦(1-1)での失敗を繰り返してはいけない。

ボランチから後ろのポジションに関していえば、海外組も国内組も所属クラブでしっかりプレーしているから計算が立つ。特に主将の長谷部の復帰は頼もしい。

問題は攻撃陣だ。海外組で好調といえるのは岡崎くらい。故障明けの選手、所属クラブで昨季より出場時間を減らしている選手、昨季ほど活躍できていない選手が多く、不安が尽きない。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20