週プレNEWS TOP 連載コラム セルジオ越後のサッカー「一蹴両断!」 オーストラリア戦でセルジオ越後が選ぶMVPは?「真のスター、代表の軸になれる選手が欲しい」

連載コラム

オーストラリア戦でセルジオ越後が選ぶMVPは?「真のスター、代表の軸になれる選手が欲しい」

[2017年09月03日]

アジアで苦戦していてはW杯で勝てないと語るセルジオ越後氏

勝てばW杯出場が決まるオーストラリアとの大一番、日本は浅野、井手口の若手ふたりが見事なゴールを決めて2-0で勝利した。

ケガから復帰したばかりの長谷部を運動量が少なくて済むアンカーに置き、運動量のある山口、井手口をその前に並べたのは大正解。そして、ワントップにボールが収まる大迫を置き、左右にスピードのある乾、浅野を使った。オーストラリアの“つなぐサッカー”を意識しての布陣だね。守備的ではあるけど、高い位置でプレッシャーをかけ、ボールを奪ってから速く攻める。その戦術がハマった。

大きかったのは、前半41分の浅野のゴール。あれで精神的にラクになった。もし、前半を0-0で折り返していたら最後の最後までしびれる試合になっていたと思う。

そして素晴らしかったのが、中盤の井手口と山口。Jリーグでの好調さをそのまま代表でも見せてくれた。そのふたりの運動量が落ちたら、オーストラリアに自由にボールを回されて苦しくなると心配していたんだけど、最後までよく走っていた。

特に井手口はこの試合のMVP。持ち味の守備以外にも、セットプレーで質の高いボールを蹴っていたし、体力的に苦しい試合終盤の後半37分にドリブルを仕掛けて豪快なミドルシュートを決めた。ニューヒーローの誕生といった感じだね。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20