週プレNEWS TOP 連載コラム 宮澤ミシェル フットボールグルマン 日本代表の「新たな競争」が始まる…サウジアラビア戦でアピールしてくれる選手は?

連載コラム

日本代表の「新たな競争」が始まる…サウジアラビア戦でアピールしてくれる選手は?

[2017年09月04日]

宮澤ミシェル氏がW杯行きを決めた日本代表のオーストラリア戦を分析

サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第11回。

現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど、日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。

今回のテーマは、W杯最終予選オーストラリア戦に見事勝利して、本大会出場の切符を獲得した日本代表について…。

*****

お見事でした! 日本代表がこれまでのW杯予選で0勝2敗5分と勝てなかったオーストラリアを2-0で下して、6大会連続6回目の出場を決めてくれた。

前線からのプレスで早めに仕掛けたのがハマった。オーストラリアにいいところをほとんど出させなかったね。

オーストラリアは6月のコンフェデ杯の時のように足が動かなかったし、日本のウィークポイントである空中戦やパワープレーを仕掛けてこなかったことも日本代表を助けた部分が多少はある。

だけど、この試合はハリルホジッチ監督やスタッフの勇気ある決断が勝利を引き寄せたといっても過言ではない。

スタメンで左FWの乾貴士はある程度予期していたが、右FWに浅野拓磨を起用するのは勇気が必要な決断だったはずだ。個人的には、ハリルホジッチ監督は浅野ではなく、久保裕也を先発起用するかなと予想していたんだ。

それが蓋を開けてみたら前線のサイドに浅野と乾。帰国してからスケジュール的に時間のない中で選手たちのコンディションを見極め、W杯予選の経験の少ない浅野と乾をピッチに送り出した。これは評価できるポイントだろう。

スピードがある浅野や、ドリブラーの乾のようなタイプを使えたのはキャプテンの長谷部誠が故障から復帰したことが大きかった。中盤で井手口陽介と山口蛍が高いボール奪取能力を発揮できたのも、その後ろで長谷部がしっかりとバランスを取っていたからだ。

長谷部が試合序盤に相手に狙われて1、2度ボールを奪われるシーンもあったけれど、その後はしっかり高い対応力を発揮してチームをコントロールした。さすがベテラン。33歳、O型!

ワントップの大迫勇也も非常によかった。ゴールこそなかったが、彼が故障から復帰していなかったら、この勝利があったかどうかわからない。それくらいいい仕事をしてくれたよ。プロになってからは強烈なインパクトをなかなか残せずにいたけれど、W杯最終予選終盤になって高校時代のような存在感を日本代表でも発揮してくれたね。最終予選の大詰めで彼がいてくれて、本当にありがたかった。

身長182cmと格別大きいわけではないけれど、ボールキープができて、ポストプレーでもしっかり味方にボールを供給できていた。大一番の1トップでのスタメンを失った岡﨑慎司はガッカリしただろうけど、今回の大迫の働きを見たら納得の起用だった。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!