週プレNEWS TOP 連載コラム 古賀政経塾!! 二階幹事長の猛プッシュ! 泉田前新潟県知事が自民候補に急浮上した裏側

連載コラム

二階幹事長の猛プッシュ! 泉田前新潟県知事が自民候補に急浮上した裏側

[2017年09月09日]

泉田前知事について、「できるならば、原発再稼働を進める自民からの出馬は避けてほしいというのが私の願い」と語る古賀茂明氏

10月22日投開票の衆院新潟5区補選に、自民党が泉田前新潟県知事を擁立しようとしているという。

彼と旧知の間柄であり、『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、田前新潟県知事が自民候補に急浮上した裏側を明かす。

* * *

泉田裕彦前新潟県知事が政界の先行きを占うキーパーソンとして浮上している。10月22日投開票の衆院新潟5区補選に、自民党が彼を擁立しようとしているためだ。

この補選、当初は青森4区、愛媛3区のダブル補選となるはずだった。いずれも自民議員の死去を受けたもので、当然、安倍政権にすれば、合格ラインは2勝。1勝1敗では野党に議席を奪われたことになり、政権へのダメージとなる。

ところが、8月18日に新潟5区選出の長島忠美(ただよし)衆院議員(自民)が急死してトリプル補選になったことにより、その合格ラインが微妙に変化した。

もし新潟5区で勝利すれば、たとえ青森、愛媛の結果が1勝1敗のイーブンでも2勝1敗。3区とも自民議員が占めていた議席なので、合格ラインは3勝0敗であるべきだが、そこは数字のマジックというヤツで、「2勝1敗は勝ち越し。有権者が安倍政治にノーを突きつけたとは言えない」と強弁できる。

そして、このロジックを支える強力な候補として自民党が白羽の矢を立てたのが、退任後も県民に根強い人気のある泉田前知事だったというわけだ。

注目すべきは民進党もまた、泉田前知事の擁立を狙っている点だ。泉田前知事は東電の柏崎刈羽(かりわ)原発の再稼働に慎重で、脱原発派と目されてきた。民進党は2030年代の原発ゼロを打ち出している。ならば、原発再稼働に熱心な安倍自民でなく、民進党から出馬してほしいと、前知事を口説いているのだ。

民進党は新代表を決めたばかり。その直後の選挙で勝利すれば、党の気勢は上がる。泉田前知事はノドから手が出るほど欲しい候補だろう。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10