週プレNEWS TOP 連載コラム "本"人襲撃 世界最古にして最高レベルのシンクタンク・アジア本部所長が警告する北朝鮮ミサイル問題 「日本人は根拠のない楽観論にすがっている」

連載コラム

世界最古にして最高レベルのシンクタンク・アジア本部所長が警告する北朝鮮ミサイル問題 「日本人は根拠のない楽観論にすがっている」

[2017年09月26日]

「イギリスはEU離脱を控え、新しい国のあり方を模索している。これからは北極点を中心に日英米による『平和と安定の正三角形』を築くべきだ」と語る秋元千明氏

英国王立防衛安全保障研究所。1831年に設立された防衛、安全保障に関する世界最古のシンクタンクだ。

映画『007』のジェームズ・ボンドが諜報員として所属したMI6(情報局秘密情報部)やMI5(内務省保安局)の母体となった組織ともいわれるが、日本には同研究所のアジア本部である「RUSI Japan」が置かれている。

本書『戦略の地政学』の著者・秋元千明氏は同研究所所長。世界最高レベルのシンクタンク本部から提供された膨大な情報を基に書き上げられた本書は、従来の国際情勢、地政学に関する本とは一線を画す、鋭い指摘に満ちている。

* * *

―まずは北朝鮮による相次ぐミサイル発射、核実験などの挑発行為をどう見ていらっしゃいますか?

秋元 日本人は根拠のない楽観論にすがるところがあります。日本にミサイルは撃ち込まれないだろう、まさか戦争にはならないだろうという考え方には根拠がありません。

8月29日には、19年ぶりに事前通告なしでミサイルが日本上空を通過し、「襟裳岬の東約1180kmの太平洋上に落下したと推定される」という政府発表がありました。約1200km離れていたら襟裳岬とはいえない、という声も聞こえてきましたが、北朝鮮がミサイルで日本全土どこでも攻撃できることを実証しました。襟裳岬という表現はそのことを率直に伝えていると思います。

―日本はまさに危機に直面しているということですね。

秋元 根拠のない楽観論にすがって、今そこにある危機から目をそらすべきではないんです。最悪の場合、核武装した北朝鮮の脅威に怯えながら付き合うか、戦争というリスクを冒してでも北朝鮮を排除するか。戦争になったら大変な惨禍を招きますが、北朝鮮の核武装を認めれば、将来的に東京やアメリカ西海岸が核攻撃される可能性も否定できません。そのことも考えなければなりません。

―いわば、究極の選択を迫られているわけですね。

秋元 第2次世界大戦前、イギリスはドイツにチェコ・ズデーテン地方の割譲を認めました。これでドイツは勢いづいて、第2次世界大戦に突き進んだ。ですから、イギリスの著名な歴史学者たちは、第2次世界大戦はヒトラーではなく、イギリスの外交政策の失敗によって引き起こされたと考えています。このように危機を先送りして、かえって大きな戦禍を招いてしまうことは歴史上、いくらでもあるんです。

―第1次世界大戦はバルカン半島が発火点となりました。今、朝鮮半島もかなり危うい状態にあるのではないですか。

秋元 半島というのは地政学上、覇権主義のランドパワー(内陸国家)とシーパワー(海洋国家)が対峙(たいじ)しやすい場所ですからね。朝鮮半島の南に位置する韓国には、シーパワーの連合体としてアメリカ軍と韓国軍の合同軍指令本部が置かれています。一方、北はランドパワーの中国とその緩衝地帯としての北朝鮮の領土。現在、中国と北朝鮮の関係は微妙ですが、北朝鮮は暴発しかねない状態でもあります。紛争の火種は常にくすぶっているのです。

―軍事的衝突、戦争になる可能性は高いのですか?

秋元 ミサイルの弾頭に化学兵器や核兵器を積んだら脅威は一気に高まります。北朝鮮はICBM(大陸間弾道ミサイル)に搭載可能な水爆の開発に成功したと発表しましたが、それが本当かどうかはわかりません。ただ、タイムリミットは刻一刻と迫っています。外交的解決にせよ、軍事力行使にせよ、問題解決のための時間はそう残されていません。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.1&2

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!