週プレNEWS TOP 連載コラム パジャマレシピ お料理おねえさん・大森麻里の恋愛妄想ストーリー パジャマレシピ【恋愛レシピ44】豚と大学芋のバター醤油炒め

連載コラム

お料理おねえさん・大森麻里の恋愛妄想ストーリー パジャマレシピ【恋愛レシピ44】豚と大学芋のバター醤油炒め

[2017年09月29日]

パジャマに着替えた彼女が作ったきちんと夕ごはん!

こんな彼女にごはんを作ってもらいた~い! 男の妄想を写真で叶えるミニドラマ『パジャマレシピ』。お料理おねえさん・大森麻里が、朝と夜の毎回違ったシチュエーションでアナタの彼女を演じちゃいます。

彼女が語りかけてくるor彼女に語りかける…それぞれの恋愛シチュエーションをその日によって体感ーー。紹介するレシピは朝晩のメイン食材は同じでコンビニでも買えるもの。簡単&クイックメニューで料理の幅も広がって、恋愛ムードを楽しみながら女子ウケしそうな料理男子にもなれちゃうぞ!

きちんと系の彼女がおつきあいしているのは、会社の先輩から紹介されたIくん。何度かふたりで食事をして、ゆっくりと関係を進めてきて、やっとお泊まりするような仲になったけど…。

パジャマレシピ44-1

「まずはビールでいいかな?」
大学時代の先輩に誘われた席で紹介された、先輩の後輩だという彼女は細くて華奢(きゃしゃ)で透き通るような白い肌で…
僕の第一印象は、単純に“かわいいな”って。
先輩との会話を邪魔することなく、自然に僕らの間で微笑みながら、適度に参加して。そんな彼女の性格も含めて、いいかもって。

パジャマレシピ44-2

それからラインを交換して、ふたりでごはんを食べに行くこと3回。
その夜は横浜にいて、みなとみらい駅まで帰る途中に「付き合ってもらえますか?」と、彼女の顔を観覧車の華やかなイルミネーションが照らす中で思い切って言ってみた。
「最近忙しそうだったけど、少し落ち着いたの?」
それで今、こんなふうに心配してもらえる彼氏の立場に無事に落ち着いたわけだけど。

パジャマレシピ44-3

「注いであげようか?」
僕が彼女の横顔に見とれて(余談だけど、すごく鼻筋からあごのラインがきれいなんだ)、缶を開けることを忘れていたら、甲斐甲斐しく世話を焼いてくれた。

パジャマレシピ44-4

もっとも、彼女はお酒を飲まないし、あまり宴席とかにも顔を出さないらしく、
注いでも泡だらけになったり、逆に慎重すぎて泡が立たなかったり…そんな慣れてない感じも初々しくて。
どっちかといえば、惚れている側としては何も気にならないのがほんとのところ。
ちなみに今日は、慎重に注ぎすぎて泡が立たないバージョンだ(笑)。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27