週プレNEWS TOP ニュース 社会 環境省がたくらむ放射能汚染土バラまきのウラ側

ニュース

環境省がたくらむ放射能汚染土バラまきのウラ側

[2017年10月03日]

NEW

南相馬市で稼働した再生利用計画の実証実験場。3000Bq/kg以下の除染土を盛土して模擬堤防(写真中央、重機の辺り)を造り、放射性物質の環境への影響を調べる。環境省はやる気満々だ

福島第一原発の事故以降、除染で集められた大量の放射性廃棄物。この汚染ゴミを今、公共工事で全国に埋め戻そうとする計画が水面下で進められている。

なぜ、わざわざ集めた汚染ゴミをバラまくのか? 環境汚染や健康被害の恐れはないのか? 汚染ゴミ「リサイクル計画」のウラ側を探った!

* * *

原発事故から6年半が経過した現在でも、福島県では除染作業が続けられている。集めた「汚染ゴミ」の総量は、東京ドーム18個分にもなるという。

その中身は放射性物質に汚染された土や枝葉などだ。ゴミはいったん黒い袋(フレコンバッグ)に詰め込まれ、福島県内の各市町村に造られた「仮置き場」に置かれる。その後、土壌などの燃やせないものは同県双葉町と大熊町に建設中の中間貯蔵施設へ運び込んで30年間保管され、それ以降は県外の最終処分場へ移される予定だ。

ところが環境省は、この「汚染土」を最終処分せず再生利用しようとしている。『あなたの隣の放射能汚染ゴミ』(集英社新書)の著作がある、ジャーナリストのまさのあつこ氏はこう解説する。

「環境省は放射性セシウム濃度が1kg当たり8000Bq以下の汚染土を全国の河川堤防や土地造成、道路用の盛土など、公共工事で再生利用する計画を練っています。今年3月には公園にも汚染土を使うことが明らかになりました」

事実、この計画は着実に進められている。環境省は再生利用の安全性を確認するための施設を福島県南相馬市に造り、今年4月から実証実験をスタートさせているのだ。

そこでは汚染土をふるいにかけ、石や木の根などを取り除いた上で堤防を想定した盛土を造成。土台部分に汚染土を使い、上部を汚染されていない土で覆う。周囲の放射線量や地下水への染み込みなどを1年半にわたって観測し、実際に汚染土の再生利用を行なう際の参考にするという。

しかし、そもそもなぜ除染で集めた土を「再生利用」の名の下にバラまくのか?

「それは汚染ゴミの最終処分場が造れないからです。2012年に民主党政権下でつくられた『福島復興再生基本方針』には、中間貯蔵施設を県内に設ける代わりに、貯蔵開始から30年以内には国が『福島県外』の最終処分場で汚染ゴミを処分することが明記されている。現在の自民党政権でも、その方針は変わりません。

最終処分場の県外設置は、放射性廃棄物を残したくない福島県民の意向をくんだ当時の知事が、中間貯蔵施設を県内に造る交換条件として国に出したもの。国はそのとき、現実的に県外に最終処分場の引き受け手を見つけることは難しいとわかっていたはず。それでもこの先、汚染ゴミの行き先をなんとかしなくてはいけない。そこで苦肉の策として再生利用を進めようとしているのです」(まさの氏)


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017