週プレNEWS TOP 連載コラム 週プレ外国人記者クラブ 希望の党に身売りした民進党に中国メディアも唖然…「一体、理念はどこにあるのか?」

連載コラム

希望の党に身売りした民進党に中国メディアも唖然…「一体、理念はどこにあるのか?」

[2017年10月05日]

オススメ

「希望の党」の綱領には憲法改正も原発ゼロも記されておらず「具体的な方針や政策がよくわからない」と語る、「フェニックステレビ」東京支局長の李淼氏

安倍首相による突然の「解散・総選挙」決定、小池都知事の「希望の党」党首就任、そして民進党の分裂…ここ2週間で日本の政治の景色は激変した。

早くも議席予想に注目が集まっているが、この混沌とした政治状況を海外メディアはどう見ているのか? 「週プレ外国人記者クラブ」第93回は、香港を拠点にする中国唯一の民間放送局「フェニックステレビ」東京支局長の李淼(リ・ミャオ)氏に話を聞いた――。

***

─8月3日の内閣改造の際にも李さんに話を伺いましたが、2ヵ月も経たないうちに衆議院が解散。「仕事人内閣」が本当に仕事ができるか否かを判定する間もなく、10月22日には総選挙が行なわれます。まず、この急展開をどのように中国に伝えたかを教えてください。

 9月25日に安倍首相は会見を開き、28日に召集する臨時国会の冒頭で解散する意向であることを表明しました。この会見を首相官邸からライブで中国に向け発信しましたが、安倍首相の言葉だけでは「なぜ、衆議院を解散しなければならないか」「今、選挙をする必要がどこにあるのか」をフェニックステレビの視聴者が理解することは難しかったでしょう。

この会見で安倍首相は、選挙で国民の信を問うべき争点として、主に以下のふたつを挙げています。ひとつは、2019年10月に予定されている消費税の10%への引き上げで得られる増収分について、従来は5分の4(約4兆円)を国の借金の返済に充てるとしてきた約束を覆し、財政再建を先送りして幼児教育無償化などの社会保障により厚く充てる意向であること。もうひとつは、北朝鮮への圧力をさらに強化していく点でした。

安倍首相は今回の解散を「国難突破解散」と名づけましたが、はたして消費税引き上げによる増収分の使途変更が「国難」と呼ぶに値するでしょうか。この会見の直後に小池都知事が「大義がわからない」「とってつけたような感じ」と批判していますが、その印象は否定できないでしょう。

解散・総選挙に打って出た真の理由として「今、選挙をやれば勝てる」という勝算と、国会で森友・加計学園問題をさらに追及されて支持率が下がることへの懸念があったことは間違いないと思います。つまり、中国の国民に限らず、安倍首相が会見で述べた表面的な言葉だけで「冒頭解散」を納得できる人はいないはずです。私も、会見のライブ中継に続いて「解説」として、この解散の背景には政治的な理由があることを伝えました。

─「首相の解散権」についての議論も持ち上がりましたが、日本の政治を10年以上取材してきた李さんにとっても、国会冒頭の解散というのは初めてのことですよね。

 確かに国会冒頭での解散というのは虚(きょ)をつかれたような感じでしたが、過去にも3回行なわれていて、例のあることです。それよりも私が本当にビックリしたのは、最大野党だった民進党が、小池都知事が党首となった新党「希望の党」への実質合流によって一気に解党へと動いたことでした。

幹事長に内定していた山尾志桜里議員の不倫疑惑などもあって、今回の選挙でも苦戦が予想されていた民進党ですが、それでも衆議院で自民党に次ぐ議席数を占めていた野党第一党です。その政党がアッという間に“身売り”のような形で解党に向かうという現象には本当に驚かされました。

希望の党への実質合流を決める際には民進党内で両院議員総会も開かれ、この場で「満場一致」の賛成を得たことが伝えられていますが、これについても唖然と言うほかはありません。

小池氏については以前から中国では「保守的で強硬な政治家」という見方がされてきましたが、民進党との実質合流が決まった後、民進党のどの議員に希望の党の公認を与えるかについて「安保法制や憲法改正について反対の議員は排除する」ということを明言しています。

一方の民進党は、蓮舫前代表までは憲法改正に反対の立場をとってきました。前原新代表に替わって、希望の党への実質合流が決まる以前の9月21日の会見で憲法改正を政権公約に盛り込む方向への転換が表明されていましたが、この点も含めて「一体、理念はどこにあるのか?」と嘆息せずにはいられません。

安倍政権が目標とする憲法改正に反対の立場をとってきた最大野党が、代表が替わって方向転換したと思ったら、さらには安保法制・憲法改正を肯定する方針を打ち出す新党に飲み込まれて実質的に消滅してしまう…。私が普段から身近で接している日本人の女性は「今度の選挙でどこに投票したらいいのか全くわからない」と困り果てていました。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017