週プレNEWS TOP 連載コラム 萌え萌え倶楽部 彼女たちのエッチな黒歴史──ラブラブすぎて、なんでそんなことまでしちゃったんだろ!?

連載コラム

彼女たちのエッチな黒歴史──ラブラブすぎて、なんでそんなことまでしちゃったんだろ!?

[2017年10月06日]

今考えるとアホだったんだと後悔する事も…。 ※写真はイメージです

『週刊プレイボーイ』本誌の人気連載『帰ってきたOL萌え萌え倶楽部 VOL.356』。毎回、旬なお題にOLたちが答えてくれた大アンケートから厳選してお届けしております。

恋人のことが好きすぎるあまり、行動を制御できなくなることってありますよね。パンツをかぶったり、エッチな写真を撮ったり、ね…。

●Oライン見せ開脚
1年前、付き合っていたカレにパイパンにしてくれとリクエストされ、アソコ周りの毛を完全になくしました。しかも毎回のエッチの前に全裸で肩倒立して思いっきり開脚し、丸見えになったアソコをカレが撮影するというプレイをしていました。当時はカレのことが大好きだったからやってたけど、今考えるとなんてアホだったんだと後悔しています。
(ヨガインストラクターの資格を持つ商社・29歳)

●おっぱい写真を送る
遠距離恋愛をしていた元カレのエロリクエストに応え、社内のトイレで制服のブラウスのボタン外して、ブラから胸を出した写メをカレに送ったことがあります。非日常的なシチュエーションに私もドキドキしましたし、カレも興奮した様子で仕事中にもかかわらず、「我慢できないよ」と電話をくれました。今考えれば恥ずかしすぎて消したい過去ですが、付き合いたてだとなぜかなんでもできちゃうんです……。
(起きてからすぐ白湯を飲むのが日課なゼネコン・26歳)

●パツキン外国人のマネ
極度の金髪美女好きで洋モノAVマニアのカレと付き合っていたときの話です。ある日、真剣な顔でカレから「イク前に『プリーズ』と言ってほしい」「イク瞬間、『オォォジニア~ス』と叫んでくれ」と懇願されました。それで私もカレのためならと受け入れて(照)。しかもカレの要求はその後さらにエスカレート。金髪のカツラをかぶらせたり、エッチ中は極力英語を使わせたり……。対する私もそれらの要求をすべてこなしました。
(月一でひとりオールナイトカラオケをする薬品・26歳)

●人前でディープキス
路上でチューしている人を見ると「よくあんな恥ずかしいことできるよね、公然わいせつ罪だわ~」とまで言っていた私。しかし、昨年久々にカレができてから自分でも信じられないほどムラムラが止まらなくなってしまって。カレとのデート中は目が合ったら即チュー。お酒が入っているときは駅の改札前でディープキス……、と乱れてしまいました。カレへの思いが冷めつつある今、あのときの自分が不思議でなりません。
(いまだにガラケーの機械メーカー・26歳)


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017