週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 2年縛り明けのiPhone 6sに「SIM」を差して、コスト削減は最大でいくら?

ニュース

2年縛り明けのiPhone 6sに「SIM」を差して、コスト削減は最大でいくら?

[2017年10月07日]

iPhone 6sが発売されたのは約2年前。それでもまだまだ使える高性能スマホだ。2年縛り明けユーザーはこのまま使い続けるのもアリ!?

iPhone 6sの2年縛り明けが間近! 新型iPhone 8に飛びつく前に、月々のコストをがっつり下げられる格安SIMも検討してみては?

■格安SIMにして6sを使い続ける!

iPhone 8/8 Plusが発売され、約2年前に購入したiPhone 6s(2015年9月発売)の「2年縛り」が明けるユーザーにとっては、機種変更やMNPを考えるタイミングだ。しかし、6s(16GB)を愛用している20代の会社員Aさんは頭を悩ませている。

「確かに新しいiPhoneは魅力です。でも今使っている6sに大きな不満があるわけじゃない。2年たって、6sの分割払いがようやく終わるのに、またこれから……ってなると、ちょっと躊躇(ちゅうちょ)してしまって」

Aさんの現在の月額料金は、分割支払い金(3888円)+カケホーダイライト(1836円)+データMパック(5400円)+spモード(324円)の合計1万1448円から、月々サポート2808円を引いた8640円。そのままドコモのiPhone 8(64GB)に買い替えると分割支払い金は3699円とやや減るものの、月々サポートは2376円に縮小され月額8883円になるのだ。

「下取りプログラム」といった負担軽減策も用意されているとはいえ、「スマホ代で月に1万円近く持っていかれるのはデカイ。どうしたらいいのか……」(Aさん)

仮に、Aさんがドコモで6sを使い続けたとしても、月々の負担は大幅に減るわけではない。それは月々サポートがなくなるためで、同一プランなら7560円になる。何かいい方法はないのか?

「今すぐ格安SIMへの乗り換えを検討すべきです!」

こう提案するのは、スマホの料金事情に詳しいフリーライターの後藤一泰氏だ。

「格安SIMとは、大手キャリアの回線(多くがドコモ)を事業者が借りて販売するSIMカードのこと。料金はキャリアに比べ大幅に安く設定されています。それにドコモのiPhone 6sに、ドコモの回線を使う格安SIMを使うのであれば、『SIMロック』の解除も不要です」

では、実際にはどのくらいの料金節約ができるのだろうか? 後藤氏にオススメのプランを聞いてみた。

「IIJのIIJmioは、高速通信が3GB分と音声通話が使える『ミニマムスタートプラン』で月々1728円から、同じく6GB分の『ライトスタートプラン』で2397円からとなっています。DMMモバイルは『通話対応SIMプラン(3GB)』で1620円、『同(5GB)』で2062円です。もちろん両者とも、ドコモからのMNP転入が可能です」

か、かなり安い!! まあ、通話時間や回数など使い方によって支払い額は変わるため一概に言えないが、格安SIMなら8に機種変更するよりも7千円前後、月額料金を抑えることが可能になる計算だ。これは大きいぞッ!!


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.1&2

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!