週プレNEWS TOP ニュース スポーツ ニュージーランド戦は「格上感ゼロ」──生き残りサバイバルの全選手を辛口採点!

ニュース

ニュージーランド戦は「格上感ゼロ」──生き残りサバイバルの全選手を辛口採点!

[2017年10月08日]

格下ニュージーランドに2-1で辛勝。メンバー選考が読めなくなりつつある日本代表

格下のニュージーランド相手に四苦八苦。かろうじて2-1で勝利を収めたものの、10月6日親善試合は日本代表にとって乏しい内容のゲームとなってしまった。

ひと言でいえば、「格上感ゼロ」。スコアは別として、本来なら余力を持ちながら相手をいなし、常にゲームをコントロールして戦わなければいけない相手に対して、日本の選手は全員が試合開始から必死に挑んでいた印象だった。

もちろん、本大会のメンバーに入るために選手がアピールしたいという気持ちもよくわかる。「ロシアを目指したサバイバルがスタート」というマスコミの無理やり感たっぷりな煽(あお)り方にも問題はあるが、それにしても必死に戦ってこの内容では先が思いやられてしまう。悲しいかな、これが現在の日本代表の実力だと言わざるを得ない。

果たして、ハリルホジッチ監督にとってこの試合はメンバー選考の参考になったのだろうか? 「今年はたくさんの選手を見て、それぞれに何ができるのかを見極めることにしたい」とは試合後の指揮官のコメントだが、客観的に見てこの試合が参考になったのかは、はなはだ疑問だ。一生懸命プレーして結果を残した選手に罪はないが、少なくともこのゲームを振り返る時、そういう視点を欠いてしまっては本質が見えなくなってしまう。

以下、それを踏まえた上でニュージーランド戦に出場した選手の採点と寸評をしてみたい。(採点は10点満点で、平均点は6.0点)

【GK】川島永嗣=5.0点

失点場面は仕方ないとしても、数少ないピンチでファンブルを犯すなどミスが目立った。経験値と監督とのコミュニケーション力(フランス語が話せる)によって東口順昭と中村航輔より一歩リードしているが、現状では消去法的な正GKと言わざるを得ない。

【右センターバック(CB)】吉田麻也=5.5点

前線へのロングフィードなど他のDF陣との格の違いを見せるプレーもあったが、一方で失点シーンのように大事な場面での頼りなさも露呈。本大会では最終ラインの要となることは間違いないが、以前から散見される致命的なミスを犯してしまう悪癖は改善すべき。

【左CB】槙野智章=5.5点

本人にとっては及第点の出来だったに違いない。しかし、CBとしての資質という点でいえば、ポジショニングや競り合いでの身体の使い方など問題点は多い。ハリルホジッチは本当にこの選手をCBとして考えているのか? 彼の特徴からすると大いに疑問だ。

【右サイドバック(SB)】酒井宏樹=6.5点

倉田の決勝ゴールをアシスト。攻撃では相変わらずの活躍ぶりだったが、守備ではまだ甘さが垣間見える。ピンチの場面でもっと積極的にプレーに関与し、自分が責任をかぶるくらいのプレーをすべき。そのメンタルが改善されれば、もっと安定感が生まれるはず。

【左SB】長友佑都=5.5点

失点シーンでの守備対応は見過ごせないマイナスポイント。攻撃では自重しながら全体のバランスを考えた攻撃参加を見せ、実際にそれは効果を示していただけにベテランらしからぬミスだったと言える。右の酒井(宏)と同様、現時点ではレギュラー有力。

【右ボランチ】山口蛍(90+3分交代)=5.5点

無難にプレーしていたが、このポジションでそれは不合格。ボールを奪い、攻撃の起点となってゲーム展開を掌握できるかが問われるポジションだけに無難なプレーだけでは物足りない。ゴール前でボールを持った時の選択肢も消極的だった。

【左ボランチ】井手口陽介(82分交代)=5.0点

必死にプレーするあまりミスが目立ち、ピンチも招いた。山口同様、全体を見回しながら冷静にプレーできるレベルに到達すれば、もっとチーム全体を落ち着かせることができるはず。11月の欧州遠征の親善試合でどのようなパフォーマンスを見せられるか真価が問われる。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.1&2

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!