週プレNEWS TOP ニュース エンタメ インスタ女子の迷惑行為と“インスタ疲れ”ーーなんのため? もうやめればいいのに…

ニュース

インスタ女子の迷惑行為と“インスタ疲れ”ーーなんのため? もうやめればいいのに…

[2017年10月09日]

インスタのために“あおずけ”なんて当たり前?

人気SNS「インスタグラム」で“インスタ映え”する写真を撮るために、周りに迷惑をかけまくっているインスタグラマーの行動が問題になってきている。

透き通るような青い海でいかにもインスタ映えしそうな山口県・角島(つのしま)大橋では上下線の車道にまたがるように座り込んで自撮り棒で撮影したり、一方、観光地でもない町中でコインランドリーの洗濯機に尻を突っこんで自撮りするだけの“コインランドリーガール”なども登場。

流行に乗るのはもちろん、「とにかく目立ちたい」「人とは違った写真を撮りたい」など、“いいね!”を稼ぐために非常識な行動に出るユーザーが激増しているのだ。

そんな「インスタ命!」な恋人・友人に迷惑しているという人は意外と多い。

「彼女に某“夢の国”に付き合わされて、朝から晩まで撮影ばかり。自撮り棒を持って園内を走り回って『ここはたぶん、まだ誰も撮ってないから!』と立ち入り禁止のエリアにも平気で入ろうとする。乗り物にも一切乗れず、休みのたびに“デートという名のただの撮影会”に付き合わされるのでウンザリしてます」(23歳・男性 会社員)

そのデート代はすべて男性持ち。1日に写真を10枚以上アップするなどインスタにハマりまくっているという女子大生にも話を聞いてみると「デートに便乗しちゃえば、インスタ代(撮影にかかる費用)がタダで済む」(20歳・女子大生)

「相手のことはそこまで好きじゃないけど、インスタのために何人かキープしてる」(21歳・女性 フリーター)と、なんとも厚かましい意見も…。

他にも「流行りのスイーツやランチの写メを撮るために行列に並ばされた挙句、料理がきても『ちょっと撮らせて!』と30分近くおあずけ。しかも、いつも冷え切って不味い料理を食べるのは自分」(27歳・男性 アパレル)というケースや、「『あのお店の〇〇を撮りたい』と、行く先々、撮影ありきでデートの予定をみっちり組まれる」(28歳・男性 IT系)など被害を訴える声も多い。

男は自分たちが利用されていることも知らず、ただひたすらインスタ女子に振り回され続けているのだ。そして中には「彼氏をアシスタントカメラマンとしてコキ使っている」というケースもある。

「彼女がインスタに写真をアップするのに、スマホの他にプロ用の一眼レフカメラを使っていて、カメラやストロボ、交換用のレンズに小型のレフ版、何種類ものスマホ用小型レンズなど全部持たされる。最近では『スマホのライトじゃ納得がいかない』と簡易ライトまで追加。デート中に時々ふと『…俺、一体何やってるんだろう』と虚しくなります」(25歳・男性 会社員)

ふたりの時間を楽しむことより、「いかにインスタを充実させられるか」が彼女にとっては最優先だ。そして、その唯我独尊っぷりは恋人のみならず友人相手にも発揮される…。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017