週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 フンドシで精巣を冷やす、生牡蠣を食べる…“枯れない男”でいるための生活習慣を医師が解説!

連載コラム

フンドシで精巣を冷やす、生牡蠣を食べる…“枯れない男”でいるための生活習慣を医師が解説!

[2017年10月11日]

亜鉛が豊富に含まれ“セックス・ミネラル”とも呼ばれる牡蠣の生食もオススメ!

急に気温が下がる季節替わりのこのシーズン、体が重怠い、やる気が出ない、なんかイライラする…みたいなことでモヤってるメンズも多いはず? 季節の移ろいで草木は枯れども、男よ枯れてる場合じゃないだろ、違うだろ、このハゲーーーーっ!(失礼)

というわけで、今回は『枯れない男になる30の習慣』の著者、平澤精一先生にご指南いただき、枯れない男とは何か? そもそも枯れるってナンだ!?など、あれこれお伺いしたぞ!

* * *

―そもそも“枯れてる男”ってどんな男のことをいうんですか?

平澤 まあ、“枯れる”と表現したのはわかりやすく伝えるためなんですけどね。たとえ年齢を重ねてもイキイキとした男性はいますし、一方で若くても運動不足や意欲不足、無気力などによって明らかに不健康に見えて仕事もできずに愚痴ばかり…みたいな男性がいますよね。この後者は枯れてる男と言えます。

―で、その枯れない男になるためにはテストステロン=男性ホルモンが大きく影響すると!

平澤 そうです。男性ホルモンが豊富であるかどうかが枯れてない男の第一条件です。テストステロンは精巣から分泌される男性ホルモンですが、これを多く保つことや増やすことが重要です。

―先生の著書には、まさにその男性ホルモンを増やすための30の習慣が書かれていますが、中でも特に重要な習慣を教えてください!

平澤 テストステロンを作るにあたって一番大事なのは“材料”を揃えるということ。昨今では“コレステロールは悪だ”とさえ言われていますが、テストステロンにはコレステロールこそが重要な材料になります。心筋梗塞や脳梗塞を起こしたなどの経歴がなく、健診でも脂質異常がなければ、恐れず摂ることが大事です。

―病歴がない限り、無駄に恐れる必要はない、と。

平澤 そうです。コレステロールの値は枯れない男になるためには180~200mg/dlくらいがちょうどよく、適切な量を摂取することが大事で、卵やヒレ肉、乳製品、レバー、魚卵は進んで摂るべきです。ただし、当然ながら野菜もしっかりと摂り、適切な運動も心がけることが大事です。生活習慣病予防と同じように、枯れない男になるには、何よりバランスが大切なのです。

―著書には食生活の習慣で牡蠣(かき)を進んで摂れ、との記述もありますが。

平澤 そうです、牡蠣には亜鉛が豊富に含まれており、これが新陳代謝を活性化し、免疫機能を高め、テストステロンの生成を助けます。さらには男性の精子数を増やし、性機能を活性化する効果もあり、別名“セックス・ミネラル”とも呼ばれています。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.52

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!