週プレNEWS TOP 連載コラム セルジオ越後のサッカー「一蹴両断!」 日本代表の親善試合よりACL準決勝に注目!とセルジオ越後 「TVの地上波で生中継しないのは本当にもったいない」

連載コラム

日本代表の親善試合よりACL準決勝に注目!とセルジオ越後 「TVの地上波で生中継しないのは本当にもったいない」

[2017年10月12日]

浦和ファンは埼玉スタジアムを満員に埋めて、後押ししてほしいと語るセルジオ越後氏

よく引き分けに持ち込んだ。限りなく勝利に近い、素晴らしい結果だよ。

アジアチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝の第1戦(9月27日)、浦和はアウェーで上海上港と戦い、1-1で引き分けた。

戦前の予想どおり、強力な外国人選手を擁(よう)する上海が序盤から攻勢をかけ、前半15分にはフッキのミドルシュートで先制。Jリーグではなかなかお目にかかれない強烈な一発だった。

でも、そこで浦和の選手たちが慌てなかったのがよかった。前半27分、きれいな形から柏木が同点ゴールを決めると、その後はGKの西川をはじめ全員が体を張ったプレーを見せて、引き分けに持ち込んだ。最後まで集中力が切れなかった。

この試合、浦和は上海をしっかりとリスペクトして、チャンレンジャーとして臨んでいたね。例えば槙野がフッキにマンマークでつき、青木がオスカルを見て、さらに長澤と柏木が相手のボランチをしっかりとケア。攻撃的なサッカーをする上海上港のよさを消し、少ないチャンスをモノにした。相手がどこであろうと、自分たちのサッカーをやり通すペトロビッチ前監督時代とは明らかに異なるサッカー。それがいい結果につながった。

僕は第1戦は負けてもアウェーゴールを奪って1-2、2-3なら悪くないと思っていたから、1-1の引き分けという結果は上出来だよ。

とはいえ、油断は禁物。まだ何も決まったわけじゃない。アウェーゴールを奪ったとはいえ、相手の攻撃力を考えれば、ホームの第2戦(10月18日)では失点も覚悟しなければいけない。上海は第1戦で出場停止だった主力の3人も戻ってくる。

お互いに失点はしたくないから、最初は慎重で重苦しい展開になると思うけど、徐々に上海が仕掛けてくるはず。浦和はホームとはいえ、第1戦同様に粘り強く守って、カウンターを狙えばいい。チャンスは多くつくれないかもしれないけど、上海も失点の多いチーム。どこかで必ずビッグチャンスが訪れる。それを攻撃陣がしっかり決められるかどうか。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017