週プレNEWS TOP ニュース スポーツ ハリルの“迷”采配でFIFAランク上昇ならず! 本大会組み合わせ抽選に痛すぎる誤算…

ニュース

ハリルの“迷”采配でFIFAランク上昇ならず! 本大会組み合わせ抽選に痛すぎる誤算…

[2017年10月12日]

以下、出場選手の採点と寸評。基本布陣は4-3-3。
(採点は10点満点で、平均点は6.0点)

【GK】東口順昭=5.0点
確かに3失点すべてを止めるのは難しかったが、1点ないし2点は防いでほしかった。特に1点目は飛び込むタイミングが遅れたように見えた。不幸ではあるが、指揮官に悪い印象を与えたことは第2GKとして大きな痛手だ。

【右センターバック(CB)】昌子源=5.0点
周りに慣れない選手が並び、吉田麻也と組む時の安定感が影を潜めた。深追いして自らのポジションを空けてしまう場面が目に付いたのは、張り切りすぎが原因なのか。試合終盤の慌てぶりもマイナス材料で、吉田不在時の不安が膨らむことになった。

【左CB】槙野智章=5.5点
ニュージーランド戦に続いて無難にプレーはできていた。昌子がポジションを空けた時のカバーリングやマークの受け渡しが曖昧(あいまい)なのは問題だが、唯一の2試合連続フル出場という事実は指揮官の期待の表れか。11月の招集を当確としたと見ていい?

【右サイドバック(SB)】酒井高徳=5.5点
同点ゴールのアシストが0.5点分。内へ入りこむオーバーラップは攻撃のバリエーションを増やしていたが、相変わらず守備面での問題が散見されるのがマイナスポイント。現状では酒井宏樹を脅かすには至っていない。

【左SB】長友佑都=6.0点
前半で負傷交代。先制ゴールのアシストが0.5点分。ただし、守備では1対1の対応などニュージーランド戦と似た危うさを見せたのは改善点。限りなく5.5点に近い6.0点。

【アンカー】遠藤航=5.0点
プレッシャーのない場所で受けて捌(さば)くプレーに終始。一見、無難に見えるが、守備時のポジショニングに誤差が生じていくつかのピンチを招いた。慣れていないのはわかるが、球際の弱さも目立ち、このポジションのバックアッパーとしては厳しいか。

【右MF】小林祐希(56分交代)=5.0点
テンポよくつなげるパス、その後のポジション取りも悪くないが、ラストパスで周囲とのイメージが合わず。また1失点目の緩慢な戻りは大きなマイナス材料。自分の特長を指揮官が志向するサッカーにアジャストできるか。そのイメージが湧かないのも事実。

【左MF】倉田秋(59分交代)=6.0点
先制点が0.5点分。2試合連続得点という結果を残し、次の招集に望みを繋いだ。ただし先制点の場面は相手の緩慢な守備によりフリーで打てたが、通常レベルではあり得ない場面だった点も考慮する必要がある。守備面を考えると、まだまだスタメンは不安。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017