週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 「このハゲ~!」発言の豊田候補…ひとりだけの“みすぼらしい選挙”でも好奇の目?

ニュース

「このハゲ~!」発言の豊田候補…ひとりだけの“みすぼらしい選挙”でも好奇の目?

[2017年10月16日]

豊田候補は「みじめ」「恥」「たったひとり」などのキラーワードを連発

突然の解散風、華々しく登場した希望の党、その後の民進党との合流に伴う大混乱、立憲民主党の誕生…。目まぐるしい政局を経て、ついに総選挙がスタートした。

「風」を味方につけるのは一体、誰なのか? ここではまず、現地でしかわからない埼玉4区の(秘)情報をお届け!

* * *

選挙区の注目度No.1は圧倒的にこの人。「このハゲ~!」のひと声で自民を離党、無所属での出馬となった豊田真由子候補だ。

怖いモノ見たさなのか、とにかく人が集まる。公示日の午後2時、志木駅前。白のスーツ姿の豊田候補が登場すると、手狭な駅前はあっという間に群衆で埋まってしまった。

なかには一度乗ったバスからわざわざ降りてきて、「マユコ見物」を決め込むおばちゃんも。本誌記者が「バスに乗らなくてもいいの?」と聞くと、「だって、ホラ。生のマユコ、一度は見てみたいじゃない」。

豊田候補は開口一番、「逃げたほうがどれだけ楽か。でも、恥を忍んで出馬しました!」と涙ぐみ、人々の視線をクギづけに。

ただ、選挙は厳しい。「ポスター1枚もろくに張れない。たったひとりだけのみすぼらしい選挙」と本人も連呼していたように、運動員はわずかなボランティアだけ。演説場所の確保もままならず、公示日の前日夜まで第一声のスケジュールが決まらなかったほどだ。

対抗の自民・穂坂 泰(やすし)候補は出陣式で演説をド忘れし、ポケットのカンペを読むなど、やや心配な一面を見せるも、元県議会議長を父に持つ地元政界のサラブレッド。地元商工会など分厚い支援組織を誇り、盤石の態勢を整えている。

県議4期を務めた希望・吉田芳朝(よしのり)候補、新座市議10期の共産・朝賀(あさか)英義候補も選挙巧者。「マユコ復活」のハードルは高そうだ。

選挙区

◆『週刊プレイボーイ』44号(10月16日発売)「仁義なき総選挙を100倍楽しめる死闘17選挙区『人生激情』総力ルポ」では、そのほか注目の選挙区情報をたっぷりとお届け! そちらもお読みください。

(取材・文/本誌総選挙取材班)


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!