週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 前代未聞! 一度も国会答弁することなく、こっそり更迭されそうな“問題大臣”が!?

ニュース

前代未聞! 一度も国会答弁することなく、こっそり更迭されそうな“問題大臣”が!?

[2017年10月24日]

8月の入閣時に失言を連発した江崎沖縄北方大臣は、どうやら一度も国会答弁することなくお役御免となりそう

衆院選をライバルの自滅から制した安倍政権――。

衆院選後の新内閣発足を機に“問題大臣”をこっそり更迭しようという動きもある。ジャーナリストの川村晃司氏が解説する。

「安倍政権は8月に“仕事人内閣”と称して内閣改造をしたばかりです。おそらく首班指名後の組閣人事でも、基本的には同じメンバーをそのまま横滑りさせる。つまり、新内閣は『居抜き内閣』となるはずなんです」

ただし、その組閣リストから外れた大臣がいるという。

「就任時、『入閣は重荷』『国会答弁は役所の原稿を朗読する』などと失言を連発した江崎鉄磨(てつま)沖縄北方担当大臣です。さすがにいきなり更迭するわけにはいかなかったのですが、総選挙後の組閣を利用し、江崎大臣を交代させようという動きが官邸内で浮上しています」(川村氏)

もし交代となれば、江崎氏は閣僚になりながら、一度も国会で答弁することなく内閣を去ることになるが…。

「そんな大臣、聞いたことがありません。おそらく史上初ではないでしょうか。もともと安倍首相が仕掛けた内閣改造直後の解散自体、憲政の常道に反するレアケースですから、その後の組閣でもこんなおかしな話が浮上するんです」(川村氏)

◆加計学園スキャンダル、憲法改正――そして100億円をめぐる元・民進の仁義なき再編の行方は? この続きは『週刊プレイボーイ』45号「『脱力選挙の後始末』」にてお読みいただけます。

(取材・文/本誌ニュース班 写真/時事通信社)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018