週プレNEWS TOP 連載コラム 旅人マリーシャの世界一周紀行 『Blue Hunter』 旅人マリーシャの世界一周紀行:第162回「インドで出会った幻のカレー“チキンムグライ”をTOKIOで探せ!」

連載コラム

旅人マリーシャの世界一周紀行:第162回「インドで出会った幻のカレー“チキンムグライ”をTOKIOで探せ!」

[2017年10月26日]

幻のカレーを求めて、カレー研究に勤しむマリーシャ

こんにちは! 季節の変わり目で、すっかり風邪っぴきの、旅人マリーシャです。しつこい咳に泣かされています。

そして併発しているのが旅の病。一度これにかかると厄介で、日本に帰国中はまるで発作的にどこかの国が恋しくなる。慢性化した、その病が悪化してくると、旅友のSNSを見ては誰かの旅に嫉妬してみたりする。

南米やタイで一緒だった旅友のレイコさんは今、インドにいた。「インドか…。あの絶品カレーが食べたいな…」。それは、西インドのゴアで出会った「チキンムグライ」いう名のカレーだった。

西インドのゴアで食べた幻のチキンムグライ

西インドのゴアで食べた幻のチキンムグライ

「ムグライ」というのは「ムガル帝国」を意味し、北インドの宮廷料理のこと。その特徴は、カシューナッツのペーストや、生クリーム、ヨーグルト、卵などの素材を使ったカレーで、宮廷料理だけあってリッチでまろやかなテイスト。

チキンに絡みついた甘味とコクのあるカレーに私は病みつきにになったのだが、日本ではチキンムグライというメニューを見たことがなく、幻の味となっていた。

「どうしてもあの味が食べたい…!」。そう思い始めるとその欲求は止まらず、北インド料理をうたっている店を探し出し、10軒くらいに片っ端から電話した。すると、面白いのは電話の先から返ってくる回答のこんな共通点だった。

日本人が電話に出るお店の多くからは「ウチでは扱ってません」と言われることが多く、なかなか見つからない。そしてインド人が電話に出るお店は、カタコトの日本語で「メニューニナイケドデキル」とか、中には「パターチキン、エビクリームカレート同ジ」とこじつけるツワモノもいる。

「バターチキンとは違うだろ!」と心でツッコミつつ、決して「ナイ」とは言わず、あるかもしれないと匂わすインドっぽさがなんだか微笑ましく懐かしく思った。

懐かしきゴアの景色

懐かしきゴアの街角

夢中で探す中、恵比寿の「ローカルインディア」というお店に「ポークムグライ」というメニューを見つけた。

ん? ポーク??? いきなり違うじゃん(笑)。けど、むしろ豚肉って珍しい。ムガル帝国はイスラーム王朝だったけれど、イスラム教といえば豚肉は不浄のものとして食べないし、ヒンズー教でも食べる習慣がない。これは絶対に食べてみたいが、果たして、どんなムグライが出てくるのだろう…?


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!