週プレNEWS TOP ニュース エンタメ ゴッホの死を題材に前代未聞のアートサスペンス映画が誕生! 日本人で唯一、制作に参加した女性画家が覚えた共感と感動

ニュース

ゴッホの死を題材に前代未聞のアートサスペンス映画が誕生! 日本人で唯一、制作に参加した女性画家が覚えた共感と感動

[2017年11月03日]

NEW

画家として覚悟を決めたと語る古賀陽子さん

巨匠フィンセント・ファン・ゴッホの死の真相を描いた、話題のアートサスペンス映画『ゴッホ~最期の手紙~』が公開される。

なんと、事前に役者が演じた実写映像を撮影、それを元に世界中から集められた125名の画家によって、“ゴッホの画風”で描かれた6万2450枚もの油絵をアニメーションにしたという前代未聞の贅沢な作品だ。

そのこだわりから生み出された映像の美しさはさすがの説得力で、冒頭から筆跡や絵の具の盛り上がりの質感にも魅せられるのはもちろん、ゴッホは本当に自殺だったのか?を追うドラマも極上のミステリーとして引き込まれる!

そんな“ゴッホ愛”溢れる一大プロジェクトに日本人でただひとり、参加したのが若手画家・古賀陽子さんだ。ポーランドでの制作はどのように進められたのか? 世界中の画家たちとの交流を通して見出したものとは? そして巨匠の作品のタッチをなぞることで画家として何を感じたのか? 前編記事に続き、制作の舞台裏を伺った。

* * *

―ゴッホのタッチで描き続けたことで、何か共感するものはありましたか? 例えば、彼は“狂気の画家”とも称されますが、ご自分の中にもそれを感じたり…。

古賀 狂気ですか…。あったこともあるかもしれないですけど、今は落ち着いています(笑)。でも、ゴッホの復元プロジェクトにも参加したのですが、監修の教授からダメ出しされた時、私は冷静に指示を聞いて「はい」って作業に戻るんですけど、これがゴッホだったらキャンバスを切り裂くぐらい自分の至らなさに怒ってるんじゃないか!?とか(笑)。私に足りないのはコレかなって思いました。

―まだ自分には狂気が足りないと(笑)。他の画家の中には熱い方もいました?

古賀 一緒に働いていたスペイン人の方は「給料がコレでは割に合わない!」って怒って、途中で帰国されましたけど(笑)。

―あははは、制作の舞台裏もドキュメンタリーとして面白そうですね(笑)。では、ゴッホにとって絵とはなんだったのか?を感じたりは…。

古賀 ありますね。自分の中の叫びみたいなものや情熱、感情など、全部を絵にぶつけてたのかなと。映画を観てもらってもわかると思いますけど、ピュアだからこそ生きづらい感じで、今だったら“コミュ障”って言われそうなぐらい全然うまく生きられていないですよね。そういうものを全部絵にぶつけていて、だからこそ訴えるものがあるのかなと。

―ゴッホの人生、生き方や死に様にも思いを馳せたと。

古賀 以前からゴッホの伝記は何回読んでも最後は泣けるし、その人生に勝手に共感して「ああ、ゴッホもこうだったんだ」という感動を覚えましたし。

―そんな偉大なゴッホの絵をなぞって描くのは緊張続きだったりしませんでした? 

古賀 それは本当におこがましいというか、畏(おそ)れ多いというか…「私でいいのかな」って気持ちでいっぱいでした。でもせっかくいただいた話ですし、頑張ってやり遂げた時には成長が待っているのかなと思って、やっぱり挑戦するべきものかなと。

古賀陽子02


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20