週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 記者たちが語るストーブリーグの“書けない話”…清宮入団で中田翔放出が高まった?

ニュース

記者たちが語るストーブリーグの“書けない話”…清宮入団で中田翔放出が高まった?

[2017年11月06日]

人気

日本ハム・中田のFA移籍が実現するかどうかは微妙だが、そうでなくとも清宮の入団で立場は微妙。電撃トレードも?

日本シリーズが終わり、ストーブリーグの季節がやって来た!

今年は選手たちのみならず、有名なコーチたちも“就職活動”を活発に行なっており、まさに「民族大移動」になりそうだ。現場で日々、嗅ぎ回る記者たちが“書けない話”を大放出!

* * *

スポーツ紙デスク さあ、我々にとってはシーズン中とは別の意味で忙しい季節になりました(笑)。このオフの主役は、やっぱりゴールデンルーキー・清宮幸太郎を引き当てた日本ハムだな。

記者A 大谷翔平のメジャー挑戦は既定路線。今後の注目は、中田翔ら主力クラスのFA選手たちの動向ですね。

記者B まず中田。FA行使での他球団行きは、ほぼ消えたとみていいですかね。唯一、獲得に前向きだった阪神も、金本知憲監督が球団にストップをかけたとか。

記者C やはり生え抜きの育成に軸足を置きたいようです。しかも今季の中田は打率.216、16本塁打、67打点とレギュラー定着以来、最低の成績。そんな選手に10億円前後の大型契約を提示して連れてくるわけにはいかない。

デスク 中田は水面下で自らオリックスに打診したものの、“空振り”に終わったとの噂もあるけど。

 福良淳一監督とは日本ハムのコーチ時代の師弟関係ですが、オリックスの一塁は中島宏之、小谷野栄一、マレーロと“重量級”の選手がだぶついていて、ドラフトでは清宮すら回避して投手を獲った。中田の居場所はないですよ。

 ただ、いずれにしても清宮の入団で、日本ハムが中田を放出する可能性がますます高まったのは間違いない。

 トレードですよね。確かに、すでに中田はフロント幹部の戦力構想から外れているともっぱらの噂です。過去にはファンの反発を承知の上で糸井嘉男(現阪神)をトレードに出した球団だし、「高額年俸の選手は放出」という方針に例外はない。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!