週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル 「2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」選考会が開催! 選出された10台は今の日本を表す?

ニュース

「2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」選考会が開催! 選出された10台は今の日本を表す?

[2017年11月09日]

NEW

10台のベストカーが発表された「2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は11月8日(水)、「2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」の第一次選考会を開催。最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」を発表した。

そこで、今年は一体どのクルマが選ばれるのか――“カー・オブ・ザ・イヤー”選考委員でもある自動車ジャーナリストの小沢コージが解説する!

* * *

つくづくクソ真面目、ってか夢がないよなぁ今のニッポン! 歌は世につれ、世は歌につれとはよく言ったもんだけど、まさにクルマは世につれ、世はクルマにつれだ。

それは、今年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」10ベストカーの面々。毎年この時期に10台が選定され、12月に決まるんだけど、世相を表すのは実はこの10ベストのほうだったりする。

最近、みんなそうだけど、華があってゴーカなのはほぼ輸入車じゃないの。充実の質感とセミ自動運転のBMW5シリーズに、中国巨大資本で生まれ変わったボルボのミディアムSUV、XC60に同じくドイツSUVのVWティグアン、生まれ変わったイタリアン、アルファロメオジュリア…。ま、シトロエンC3は少し毛色の違うカワイい個性派だけど。

比べると、日本車は安さと走りのスイフトが今の日本の超現実を表し、安くて広くて質感上々のN-BOXと、やっと日本らしい質感でのし上がってきたマツダのCX-5に和製プレミアム代表のレクサスLC――。

個人的にはレクサスのLCにイヤーカーになって欲しい気持ちもあるけど、それも世相は表してないよ、価格は1300万円超って…。いくら新たなセクシーさを演出していても、今年を代表する!?ってのは難しいような気がするなぁ。投票結果を見てみないとわからんけど。

小沢のガチ予想としては、まさに今の“卒業後に公務員を指向”するような手堅さというか、軽なのにとてもそうは思えないほど便利で広くて立派な新N-BOX? 夢はないけど、まさに今のニッポン!なのかもね。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10