週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル もちもちグラドル・園都ちゃんと食レポ! 死ぬまでに行きたい〇〇専門店ーチャーハン編ー

ニュース

もちもちグラドル・園都ちゃんと食レポ! 死ぬまでに行きたい〇〇専門店ーチャーハン編ー

[2017年11月10日]

もちもちのGカップグラドル・園都ちゃん

食欲の秋、真っ盛り! 美味しいものを食べ歩きするのも楽しいけれど、一品にこだわった専門店で極上の一食を堪能するのも悪くないのでは? というわけで、そんな特別な店舗をご紹介!

まず最初に訪れたのは、東京・新橋のニュー新橋ビル地下1階にある”憩いの地下街・味な店”の一角にある「チャーハン王」。サラリーマンの聖地・新橋という場所柄、平日は出勤前やランチに訪れるOLやサラリーマンがメインで、休日は家族連れが多いという。

こちらで提供しているのは、その名の通り、チャーハンに鶏スープを付けた「チャー王セット」(¥980)のみ。その他でメニューに載っているのは、サイドメニューの酢モツ(¥300)、ピリ辛もやし(¥100)、辛子高菜(¥100)だけという、なんとも潔いメニュー構成。早速、そのこだわりっぷりを聞いてみよう!

そもそも、なぜチャーハン専門店を開こうと?

実は、最初からチャーハン専門店を開こうとしたわけではないんです。オーナーの黒瀧将史(くろたきしょうじ)は戦略コンサルティング会社出身。その経験を活かして、全国展開できる飲食店を開こうと思っていた時に出会ったのが、『たんか』の”チャーハン”でした」と店員の我妻雄大郎(わがつま・ゆうたろう)さんは語る。

『たんか』とは、福岡天神地区の食べログNo.1である牛タン店のこと。黒瀧氏は創業時にコンサルタントとして関わっていたそうで、そのサイドメニューとして提供していた「がんこおやじの炒飯」というチャーハンが人気を集めるように。その美味しさに感銘を受け、チャーハンを主役にした店舗を展開することにしたそう。

そのような縁があって『たんか』で提供していたチャーハンの味付けや調理法を受け継がせてもらうことになりました。とはいえ、東京には無数の飲食店が…。いろいろなメニューを並べるお店もいいけれど、何かに特化していないと、すぐに埋もれてしまいますよね。だったら、チャーハンの美味しさにとことんこだわった店にしようと、”チャーハン専門店”として勝負することにしたんです

福岡の「たんか」から牛ペーストなどの材料を提供してもらっているが、福岡の本家では、呑んだあとの〆としてなので、しっかりとした味わい。一方、『チャーハン王』では、年齢、性別問わず、毎日でも食べ飽きないように、あっさりとした味わいにしている。

pb_0002

チャーハンに鶏スープを付けた「チャー王セット」(¥980)


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!