週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 市川紗椰が劇場で4回観た『スター・ウォーズ』前作でどうしても気になる“モブキャラ”とは?

ニュース

市川紗椰が劇場で4回観た『スター・ウォーズ』前作でどうしても気になる“モブキャラ”とは?

[2017年11月12日]

スター・ウォーズのグッズを装備してみました! このイウォークTシャツはお気に入りです

『週刊プレイボーイ』本誌で連載中の「ライクの森」――。

人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。

今回は『スター・ウォーズ』好きの彼女が、来月公開となるシリーズ最新作に期待をこめて、前作への思いを語ってくれた。

* * *

今年12月、ついに『スター・ウォーズ』シリーズの最新作、『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』が公開されます! その前作に当たる『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』が一昨年に公開されたときは、その出来のよさにものすごく興奮して、立て続けに劇場で4回観てしまいました(笑)。

このエピソード7が何よりよかったのは、“ちゃんとスター・ウォーズしていた”こと。CGっぽさを抑えたガジェット感や、エピソード4~6を踏まえた小ネタなど、旧作のファンが大満足できる出来になっていました。ただ、先日見返したときに思ったのは、「すごく予算をかけたファンムービーみたいなもので、目新しいものがないな」ということ。

まず、メカのデザインが印象に残らないんですね。基本的に旧作を踏襲しているので、「やっぱ昔のスター・ウォーズはカッコいいな」という感じが強かったです。音楽の使い方も、旧3部作の遺産に頼りすぎているような気がしました。スター・ウォーズといえばこの音、という曲を流して、ファンを「ざわ、ざわ」とさせはするんですが、旧作を見たことがない人には果たしてどう伝わるのかと気になりました。

一番もったいないなと思ったのは、SF要素に目新しさがないこと。エピソード7に出てくるスターキラー基地って、結局、旧作のデス・スターを大きくしただけですよね?

ちなみに、エピソード7と、2019年公開予定のエピソード9でも監督を務めるJ・J・エイブラムスは、『スター・トレック』のリブート版の監督も務めているんですが、そのスター・トレックに出てくるバルカン星が崩壊する仕組みと、スターキラー基地が崩壊する仕組みは、なんだかそっくりです(笑)。敵として登場したカイロ・レンがただの中二病っぽかったのも痛いですね…。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!