週プレNEWS TOP ニュース スポーツ ブラジル戦を糧に…日本代表がまたベルギーに気圧されてもやるべきことは?

ニュース

ブラジル戦を糧に…日本代表がまたベルギーに気圧されてもやるべきことは?

[2017年11月14日]

NEW

ネイマールらブラジルの攻撃陣に対して、日本代表は前半で3失点

10日にフランスのリールで行なわれた国際親善試合は、ブラジル代表にとって本番へ向けた上々のテストになったはずだ。

W杯で現実的に優勝を狙うチームは、コンディションのピークを終盤に合わせる必要があり、グループステージや決勝トーナメントの序盤では、まだ100%ではない状態で格下を下していかなければならない。

その意味で、ブラジル代表はチームがまだ出来上がっていない中で格下の日本に3−1の勝利を収めたのだから、テストマッチの目的を達成したといえる。試合後、キャプテンを務めたウィリアンも「もちろん準備は着々と進んでいるけど、もっともっと高めていかなければならない。ロシアに行くまで毎日、成長していく必要がある」と語っている。

翻(ひるがえ)って日本代表にとってのブラジル戦は、本大会で必ず当たる格上との対戦を想定したものだったはず。つまり、そこで強豪を驚かせるために何をすればいいのか、何が通用するのかを確認する場だったはずだ。

だが、前半に3−0となって決着がつき、後半に相手がペースを落とした試合では、狙っていたことを実行するテストにはならなかった。

ただ、ピッチに立った選手たちは、この結果に落胆ばかりしているわけではない。

「本当にいろんな見方があると思うんです」とセンターバックとしてフル出場し、ヘディングでゴールを奪った槙野智章は試合翌日の練習後にそう語った。

「少なくとも僕はポジティブに捉えられることもあったと思っています。ブラジル戦で感じたこと、そして自分たちが次にやらなければいけないことをベルギー戦で出していきたい。そうでなければ、(ブラジル戦は)全く意味がなかったものとなってしまう。負けたけど、多くのものを得ることができたと僕は思っています。もちろんゴールは奪えましたけど、もっとやらなくちゃいけないことが見えた試合でもあった」

ブラジル戦の後半から出場した浅野拓磨は、前半にベンチから見ていた時に「もっと前から行くべきだと思ったので、自分が出たらプレスに行って抜かれても仕方ないくらいの気持ちで、それぐらい開き直ってプレーした」と振り返った。

前半の日本について、バヒド・ハリルホジッチ監督は「勇気が足りなかった」と感じたようだが、それはスタンドやTVで観戦した人も同感だっただろう。グレーがかった空気の中で鈍く光るカナリアたちに気圧(けお)されてしまったサムライたち。

「自分も選手なので、相手が強かったり、自分たちがうまくいかなかったりした時にどういうメンタリティになるのかはわかる」と浅野は続ける。「ちょっとビビってしまうというか、積極的になれなくなってしまう。それはピッチの外から見ていて感じましたし、自分が先発でプレーしていてもそうなっていたかもしれないです。今回は前半にベンチから見ていたので、後半に入ったら違うことをしようと思いました」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27