週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 口の中の格差は社会の格差ーー歯が悪いと生涯で3200万円損をする?

連載コラム

口の中の格差は社会の格差ーー歯が悪いと生涯で3200万円損をする?

[2017年11月15日]

虫歯くらい大したことない…と放置すると、様々な病気になる確率が上がってしまう!?

「芸能人は歯が命」ではなく「一般人も歯が命」――体とは違って日常的にあまり気にかけない“歯”。命に関わるような大病とは無縁のようにも思える。

しかし、歯の健康状態は寿命に関係するというのは『歯は治療してはいけない! あなたの人生を変える歯の新常識』の著者で田北デンタルクリニック院長・日本歯学センター所長田北行宏(たきた・ゆきひろ)氏だ。

「虫歯や歯周病など、大人になると歯の病気は放置しがちです。昔は口の中の病気と体は無関係だと思われていましたが、実は歯ぐきも体もタンパク質でできていて、細菌にとっては栄養分です。そこから細菌が血液中に回っていくというのは当然なんですよ」

「歯は外から見える臓器」であり、細菌の侵入口にもなっている。心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞…どれも死に至る可能性のある病気だ。これらは一見、歯とは関係なさそうだが、歯周病と密接に関わっていると田北氏は話す。

「例えば、歯周病の人は心筋梗塞になる確率が2.8倍だと言われています。心筋梗塞で亡くなった方の血栓を調べたところ歯周病菌が大量に発見されました。つまり血管内に歯周病菌が侵入し、血栓の一部になっていたのです。他にも口腔内には血液凝固させる細菌がいることもわかっています」

脳梗塞も心筋梗塞と同様に歯周病菌が見つかることがある。そして同じく血管が詰まる閉塞性動脈硬化症は発症リスクが歯周病の有無によって5倍も違うという。またこうした血管疾患以外にも、がんや肝炎と関係性が示されるような報告も数多く存在する。

そして病気だけでなく、中年男性が気にするメタボリックシンドロームも歯周病と関係がある。

「歯周病は30代から増加し、40代以上では7割が罹患しているといわれています。いわば“国民病”ともいえる病気ですが、重い歯周病の人は男性で1.3倍、女性で1.5倍、歯周病でない人に比べ、メタボになる確率が高いという調査結果も発表されています」

よく噛むことは肥満防止にもなる。重い歯周病の人は治療によって、まずはしっかり噛める歯を取り戻すことで、メタボ改善につながる可能性もあるのだ。

しかし、なぜ人々は虫歯や歯周病を放置してしまうのか。田北氏は日本の“デンタルIQ”の低さを指摘する。

「日本人は歯に対する関心が低い。欧米では歯を治すのに1本100万円から200万円かかります。それだけ価値のあるものとみんな認識しているんです。アメリカの歯科医師を日本で案内した時、『日本は歯医者ができることがまだまだ山のようにあっていいね』と言われました。それほど日本人は歯に関心を持っている人が少ないんです」


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!