週プレNEWS TOP 連載コラム 古賀政経塾!! 古賀茂明が指摘する「実力の衰えた日本企業が好調を維持しているカラクリ」

連載コラム

古賀茂明が指摘する「実力の衰えた日本企業が好調を維持しているカラクリ」

[2017年11月18日]

「若い人は、安倍政権にアメリカ水準を目指した賃金アップを迫るべき」と語る古賀茂明氏

日本企業の実力低下が懸念される一方で、直近の企業業績にはなぜか好調なデータが並んでいる。

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、この裏には「労働者、特に若い人々の低賃金」というカラクリがあると指摘する。

* * *

製品データの改竄(かいざん)に無資格検査の横行―神戸製鋼、日産、スバルなど、日本の大手企業で不祥事が次々と発覚し、「メイド・イン・ジャパン」への信頼が大きく揺らいでいる。

一時は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と、その強さを褒めそやされたこともあり、例えば1人当たり名目GDPの世界順位は、1990年代は常に1桁、2000年には2位まで上り詰めたが、16年現在は22位にまで下落している。

東芝、シャープの不振に象徴されるように、日本の稼ぎ頭だった電機産業は総崩れだし、アップル、アマゾン、グーグルのように革新的なサービスを武器に、世界市場をリードする企業も見当たらない。

ただ、その一方で直近の企業業績に目を転じると、好調なデータが並ぶ。先の衆院選中、東証株価は16日連続上げを記録し、11月7日の日経平均株価は、バブル崩壊後の終値の最高値を更新。上場企業の18年3月期の純利益合計も前期比7.3%増と、過去最高益となる見込みだ。

日本企業の実力はジワジワと落ちているのに、なぜか潰れることなく、利益も順調に伸びている。どうしてこんなマジックが可能となっているのか?

その要因のひとつが労働者、特に若い人々の低賃金だ。

今年10月1日から東京都の最低賃金が26円引き上げられ、958円となった。1000円の大台まであとひと息と、コンビニや飲食店などでバイトする非正規職の若い人たちには好評だが、日本全国を見回すと、いまだに32県が700円台の低賃金にとどまっている。

サンフランシスコ市の最低時給は現在14ドル(約1598円)、来年7月までには15ドル(約1712円)に引き上げられる予定だ。日本の3分の1ほどの経済規模にすぎない韓国も、政府は20年までに1万ウォン(約1024円)の最低賃金の実現を公約にしている。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27