週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 公道試験に同乗し衝撃の連続、そしてシビれた! 右折もクリアするニッポン「自動運転」の実力

ニュース

公道試験に同乗し衝撃の連続、そしてシビれた! 右折もクリアするニッポン「自動運転」の実力

[2017年11月28日]

NEW

日産自動車AD&ADAS先行技術開発部戦略企画グループ部長の飯島徹也氏(左)の隣に日本&世界カー・オブ・ザ・イヤー選考委員でもある小沢コージが同乗

今月7日、2020年以降の実用化を目指した最新の自動運転実験車両の公道テストに自動車ジャーナリストの小沢コージが同行。

自動でウインカーを出し、勝手に後方確認して走りだす実験車両と責任者を徹底取材した!

* * *

アウディがレベル3搭載モデルを欧州で発売した!とか、米テスラが完全自動運転対応ハードウエアを搭載した!などと言い切っているため、一部メディアでは「日本は自動運転で遅れ気味じゃね?」と言われている。

だが、その心配を吹き飛ばしてくれたのが、日産が行なった自動運転の公道テスト。ここで最新型の「プロパイロット」を搭載したクルマに乗ったが、その出来栄えがスゴすぎた。一般道と首都高を往復20km走って、その間ドライバーがハンドルを触ったのは1回! エリア限定だが、要するに一部公道で夢の自動運転に近いものが具現化されたのである。

この自動運転の試作車のベースとなったのは、インフィニティQ50。東京豊洲市場から一本入った道で出会った瞬間からビビッときた。ボンネットとサイドにデカデカと「ProPILOT」と入ってる上、タダ者じゃないオーラを漂わせていたからだ。

というのも屋根にはカタツムリの角のごときカメラが4個ニョッキりと伸び、前後ウインドウ内にもカメラ4個とグリル内にも数個のカメラ&センサーを備え、前後バンパーサイドには妙な黒マスクの発信器らしきものが6個も装着。まさに走るロボット的な風情だった。

ちなみに日産がこの手のテストをジャーナリストに公開するのは初めてじゃない。2年前の東京モーターショー2015のときにもミスタープロパイロットこと開発リーダーの飯島徹也氏が運転するリーフベースの自動運転試作車の助手席に乗せてもらった。

あのとき、走ったのは一般道のみだった。交差点も左折のみ。しかも飯島氏は途中で何回かハンドルを握って自ら運転補正をしていた。正直、完全自動運転には遠かった。

ところが、今回はとにかく衝撃の連続だった。飯島氏がナビパネルに目的地を入れるなり、Q50は周囲を自動で把握しながら市場前を飛び出した。前走車はもちろんのこと、制限速度の看板を自分で見て自動で速度を調整する。看板は運転席前のモニターにもしっかり表示されていた。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.1&2

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!