週プレNEWS TOP 連載コラム セルジオ越後のサッカー「一蹴両断!」 10年前よりも喜びは大きいとセルジオ越後が讃える浦和のACL優勝 「日本代表にも参考になる!」

連載コラム

10年前よりも喜びは大きいとセルジオ越後が讃える浦和のACL優勝 「日本代表にも参考になる!」

[2017年12月07日]

浦和は相手の力を認めた上で、非常に賢いサッカーをやったと語るセルジオ越後氏

浦和レッズ、優勝おめでとう。アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝は、浦和がアルヒラル(サウジアラビア)を2戦合計2-1で下し、10年ぶり2度目のアジア制覇を決めた。

アウェーの第1戦を1-1で乗り切り、迎えたホームでの第2戦は最後までヒヤヒヤする展開だったけど、終了間際にラファエル・シルバが豪快なシュートを決め、1-0でモノにした。

相手のアルヒラルは予想以上に手ごわいチームだったね。メンバーのほとんどがサウジアラビア代表で、控えにも代表クラスがズラリ。そこに強力な外国人選手がアクセントを加えている。力的には、浦和が準決勝で対戦した上海上港(中国)よりも上なんじゃないかな。

浦和はそんな相手の力を認めた上で、非常に賢いサッカーをやった。具体的に言えば、最終ラインを下げて守備のブロックをつくる。後ろに人数を割いて、粘り強く守る。求めるのは内容より結果。勝つためのサッカーではなく、負けないためのサッカーに徹し、カウンターやセットプレーなど数少ないチャンスを狙っていく。浦和はJリーグでは攻撃的なサッカーをやっているけど、それとは正反対のサッカー。ACLでは準決勝、決勝とそうした割り切ったサッカーがハマった。

試合を見ていた人のなかには、派手に攻め勝つサッカーへの期待もあったかもしれない。選手たちにもそういう気持ちはあっただろう。でも、浦和は今の戦力で優勝するためにどういうサッカーをすればいいのかを考え、それをきっちりと遂行した。結果をとことん求めるのであれば、なりふり構わず守りに徹する。この浦和の戦いぶりは日本代表にも参考になるだろう。

印象に残った選手を挙げるなら、やはり決勝ゴールを決めたラファエル・シルバ。大会を通して、彼の突破力、決定力は光った。何度もチームを救った。でも、僕は守備陣をホメたい。GK西川を中心に全員が体を張ってゴールを守った。決勝の2試合も、あれだけ攻められたら、普通は足が止まってしまうもの。それでも最後まで集中力が切れなかったからね。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27