週プレNEWS TOP ニュース エンタメ これじゃ奴隷? スマホ版『どうぶつの森ポケットキャンプ』に悲鳴続出!

ニュース

これじゃ奴隷? スマホ版『どうぶつの森ポケットキャンプ』に悲鳴続出!

[2017年12月08日]

NEW

どうぶつの喜ぶ顔見たさ&お礼欲しさで結局頑張ってしまう…(どうぶつの森 ポケットキャンプ 任天堂H.Pより)

11月21日にリリースされると、1週間で世界のダウンロード数が1500万を突破。それに伴い任天堂の株価が連日、年初来高値を更新するなど、話題のスマホ版『どうぶつの森ポケットキャンプ』(以下、ポケ森)。スマホが手放せない中毒患者を生む一方、前作までの家庭用ゲーム版ファンの間では不満の声も上がっている。

『どうぶつの森』は「自由気ままなスローライフ」がコンセプト。主人公は仲間のどうぶつの願いを叶(かな)えてお金やアイテムを獲得し、自宅を大きくするのだが、この作品が革命的だったのは、そういった目的を無視しても楽しめたこと。花を育てる、穴を掘り化石を発掘するなど、ユーザーが自由に遊べるゲームだったのだ。

一方、今回のポケ森は3時間ごとにどうぶつからの「ミッション」が発生する。

「『果物を拾ってきて』『魚を取ってきて』などと要求され、応じないとレベルが上がらないし、話が進まない。自由にやれることが少なくて単純労働の繰り返し。スマホもマメにチェックしなきゃだし、これじゃ“どうぶつの奴隷”ですよ…」(前作のファン)

さらに今作は特別アイテムを入手したり、ゲームを楽に進めるためのリーフチケットという通貨がある。ゲーム内の指令をクリアすれば手に入るが、手っ取り早いのは課金。これにも賛否両論ある。

どうしてこうなったのか? 同シリーズを愛するゲームライターの渡辺卓也氏に聞いた。

「ポケ森は前作までのようにソフトを買って遊ぶゲームではなく、スマホゲームの定番であるダウンロード無料&課金型。そのためゲームのコンセプトもスローライフというより、いかにレベルを上げるかに重点が置かれているのだと思います」

確かに課金すればすぐにレベルが上がるが、そこまで必死にやるゲームではない気も…。ポケ森をもっと楽しくするには、どう変わればいいのだろうか?

「まずは単純労働感を減らすことでしょう。ユーザー同士のコミュニケーションを深くする方法を考えてもいいし、あとは気持ちよく課金できる方法があれば…」(渡辺氏)

幸いスマホゲームはリリース後のバージョンアップも可能。古参ファンが喜ぶ更新は行なわれるか?


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.1&2

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!