週プレNEWS TOP ニュース エンタメ “ゆで原画”第9回!『キン肉マン』最新61巻が12月29日発売、その前に両先生が選んだ60巻のベストシーンをチェック!

ニュース

“ゆで原画”第9回!『キン肉マン』最新61巻が12月29日発売、その前に両先生が選んだ60巻のベストシーンをチェック!

[2017年12月28日]

ゆでたまご・嶋田先生が『キン肉マン』60巻から選んだ珠玉の1枚!

「週プレNEWS」連載中(毎週月曜更新)の漫画『キン肉マン』(ゆでたまご作)のジャンプコミックス(以下、JC)最新巻の中から、ゆでたまご先生ご自身にお気に入りの原画を選んでご紹介いただくシリーズ企画“ゆで原画”第9回。

まもなく平成29(肉)年最後の29(肉)日の金(キン)曜日! そのメモリアルな「キン肉マンの日」に、完璧超人始祖(パーフェクト・オリジン)編後の新シリーズ開幕編となる最新61巻が発売! 

そこで、それを読む前に…ここまでのおさらいを兼ねて作者・ゆでたまごの両先生に、前巻JC60巻から思い入れの深い原画1枚をそれぞれ選定してもらい、理由も語ってもらった。

***

まずは原作シナリオ担当・嶋田隆司先生に選んでいただいたのが、この1枚(JC60巻/166ページより)。
ストロング・ザ・武道(ブドー)こと超人閻魔(えんま)ザ・マンに勝利し、トドメを刺そうとする悪魔将軍。しかしその行為に待ったをかけたのは、リングサイドでこの両雄の闘いを見守り続けた、我らが主人公・キン肉マンだった!

嶋田隆司先生(ゆでたまご・原作担当)コメント

「このシーンに完璧超人始祖編でやってきたことのテーマが全て詰まってると思うんです。わかり合うために闘うという正義超人の主張。一方で将軍は自分も死ぬ覚悟を決めながら武道にトドメを刺そうとしていて、これはこれでものすごい覚悟なわけですけど、やっぱりそれは何か間違ってる。そう思った時にそのふたりを止めるというのも、また勇気のいることだと思うんですね。正しいと思ったことは、わかってもらえそうになくてもちゃんと真正面から語る。その勇気こそが少年漫画の主人公が大事にしなきゃいけないものだと僕は思ってて、それをまさにここでキン肉マンにやってもらいました。

今回の復活連載にあたって、キン肉マンとはどういうキャラかというのを改めてよく考えたんです。ドジでマヌケですぐ逃げ出すヘタレで…だけど絶対にやらなきゃいけないと思ったことだけは曲げずになんとしてもやる。本当に大事なところだけはしっかりとカッコいい。僕らは、それを『キン肉マン』という漫画で伝えたかったんです。最後に主人公のキン肉マンにしっかりやってもらえた。試合をするというわかりやすい見せ場じゃないですけど、それでも、この流れこそまさに少年漫画の王道で、キン肉マンらしいことがちゃんとやれたなと自分でも思ってて、とても気に入ってるシーンなんです」


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan. 29th 2O18 no.5
  • Jan. 22nd 2018  no.3・4
  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】松川菜々花、モグラ女子の大本命!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.5

クルマ増刊2017

グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018