週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 220馬力ヴィッツGR、ノート…超胸アツモデル続々登場で“新世代ホットハッチ”がマジでスゴイ!

ニュース

220馬力ヴィッツGR、ノート…超胸アツモデル続々登場で“新世代ホットハッチ”がマジでスゴイ!

[2017年12月29日]

TOYOTA ヴィッツGR 注目は国産仕様にない3ドアであることだろう。あるトヨタ関係者は「欧州のホットハッチに負けません」と自信満々。タイヤには白いキャリパーがチラリ

80年代90年代に男を熱狂させ、一世を風靡したホットハッチ。その新世代ともいえる興奮のハッチバックモデルが2016年から2017年にかけて続々登場。

絶賛発売中の週刊プレイボーイ増刊「クルマプレイボーイ」では、21世紀の男たちがたぎるモデルを徹底取材した!

■2017年は新世代ホットハッチ元年!?

このエコな時代、ひそかに日本の「小さくて楽しい」が完全復活だぜ。かつて80年代90年代初頭に「安い!小さく広くて便利!速くて楽しい!」と三拍子そろったハッチバック=ホットハッチがはやったけど、ここにきて新世代モデルがめじろ押し。しかも各車独自のハイテク&新テイストを満載してるのだ。

まず紹介したいのは、国内ブランドじゃ真打ちとも呼べる大改良を施したトヨタのヴィッツから。最近はハイブリッド専用車のアクアやホンダのフィットに押され気味だったが、それでも月販5000~6000台を手堅くキープし、今回、満を持してアクア譲りの1.5Lのハイブリッドを搭載。これで販売数増加間違いナシだが、さらに走り好きの野郎どもに朗報なのが、2017年10月に登場した超本格派のヴィッツGRMN

ヴィッツGRMNはそんじょそこらのRSモデルとは違い、ほぼ公道レースバージョンと呼べる超カッ飛び仕様。つまり、2017年に18年ぶりに世界ラリー選手権に復活した欧米版ヴィッツであるヤリスWRCを彷彿(ほうふつ)させるモンスターマシン。しかも、上位モデルのGRMNのエンジンはなんとロータスエリーゼに搭載中の220馬力の1.8L直4スーパーチャージャーを搭載!

続いては16年11月にマイナーチェンジして登場した日産ノート。クルマそのものは5年前に出た大きめな実用5ドアハッチバックで、正直リアシートとトランクの広さ以外にさしたる注目点はナシ。しかし16年のマイチェンで、満を持して日産独自のEV技術を使ったe-POWERというハイブリッドユニットを載せたら見事に大化け。

モーター単独加速がもたらす透き通るような気持ちよさに加え、クラストップの37・2㎞/Lの最良モード燃費を纏(まと)ったからタマらない。16年11月の国内販売ランキングでは、トヨタのプリウス&アクアを抑えて全国1位! 日産が1位になるのは30年前のサニー以来というとんでもない記録のオマケ付き。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.22

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018