週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 合計新車販売台数トップ! トヨタのゴツ顔“ミニバン三兄弟”が人気の理由

ニュース

合計新車販売台数トップ! トヨタのゴツ顔“ミニバン三兄弟”が人気の理由

[2018年01月02日]

人気

―エアロモデルはどうです?

水澗 一方、エアロモデルは個性を残しつつも、よりアグレッシブに攻めたいと考えまして、ある程度はできたのかなと思っています。

―十分でしょ! 王道の雰囲気を残しながら、程よくギラギラしてると思います。

水澗 もはやミニバンも顔が8割ですから。これはもう間違いない話で、トヨタはもちろん他社も含めてミニバンは7から8割がエアロ仕様です。

―顔が8割! いったいユーザーはミニバンに何を求めてるんでしょうか。

水澗 ミニバンだからこそカッコいいのに乗りたいんですよ。実用的なだけのクルマに乗りたくないんです。

―どういうことですか。

水澗 今、全メーカーで進化が進み、どれも使いやすくなり、どのミニバンも不満が残らないレベルです。

―確かに。

水澗 ミニバンの購入動機の一番は広さですが、2番目に来るのは外観の良さ。全体の性能が底上げされた結果として、2番目の条件がよりクローズアップされているのかもしれません。

―性能が似通ってしまっているからこそ、デザインに走っている部分があると。

水澗 このジャンルはお母さんがクルマ選択のイニシアチブを握る部分があるので、その影響が出ているかもしれません。

―それにしても、クルマの性能よりも、顔のゴツさで売れるってスゴいことですよ。世界中で日本だけでしょ、こんな現象が起きているのは。

水澗 僕としては今の状況が続いてほしくないとは思っていて、クルマ全体のカタチの良さとかグラフィックをより使っていきたいと思っています。けれど、こればっかりはお客さまのご要望なので(笑)。

(取材・文/小沢コージ 撮影/本田雄士 取材協力/トヨタ自動車)

■週刊プレイボーイ51号「トヨタゴツ顔ミニバン3兄弟が超ヤベェー!!!」より

★週刊プレイボーイ増刊『クルマプレイボーイ』が好評発売中! 2018年のイチ推しカー、コンパクトSUV最強の10台、ニッポン自動運転の実力、各メーカートップ独占インタビューetc…専門誌が書けない最新クルマ情報がアツ盛り!


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10