週プレNEWS TOP ニュース スポーツ セレッソ大阪を“闘う軍団”に変えたユン監督は何を選手に植え付けたのか?

ニュース

セレッソ大阪を“闘う軍団”に変えたユン監督は何を選手に植え付けたのか?

[2018年01月03日]

ルヴァンカップに続き、天皇杯も優勝したセレッソ大阪

「ルヴァンカップと天皇杯で優勝し、リーグ戦でも3位に入ることは簡単なことではありません。これは誰かひとりの力で成し遂げたものではなく、大勢の皆さん、全選手、全スタッフ、セレッソに関わる全ての皆さんが力を合わせた結果だと思います」

2018年元日。試合後の記者会見でそう語ったのは、延長戦の末に2-1で横浜F・マリノスを破ってクラブ史上初となる天皇杯優勝に導いたセレッソ大阪率いるユン・ジョンファン監督である。

エースの杉本健勇を負傷で欠くものの、下馬評では圧倒的にセレッソ有利と言われた今回の決勝戦。しかし、いざ蓋を開けてみれば、マリノスが開始8分に伊藤翔のゴールで先制し、その後もマルティネスを中心に素早いカウンターから何度かチャンスを作った。逆にセレッソは、エンジンがかからないまま前半を終えることとなった。

ただ、「(柿谷)曜一朗とも、チャンスは来るから慌てずにやろうと話していた」と山村和也が試合後に語ったように、セレッソが焦りの様子を見せることはなかった。むしろ後半に入ると、時間が経過するとともにセレッソの躍動ぶりが目立ち始め、マリノスに疲れが見え始めた後半65分、同点に追いつく。ネットを突き刺したのは、スタンドで見守る杉本に代わってトップに入った山村だった。

そして1-1で迎えた延長前半95分、左サイドから山村が入れたクロスをファーで水沼宏太が頭で合わせ、ついにセレッソが逆転。結局、終了のホイッスルが鳴るまでセレッソの運動量が落ちることはなく、120分の激闘に終止符が打たれた。

ユン監督は「予想した以上に厳しい戦いになりました」と試合を振り返ったが、この持久戦に持ち込む展開こそ、今季のセレッソを象徴するものだったと言えるだろう。しかも、この試合でゴールを決めたのが今季のセレッソを象徴する山村と水沼だったという点も、シーズンを締めくくるに相応(ふさわ)しい結末でもあった。

就任1年目にしてセレッソにふたつのタイトルをもたらせたユン監督は一体、セレッソの何を変えたのか?

試合後の会見でその核心に迫る質問を受けた本人は「昨日も同じ質問を受けましたが、逆に皆さんに質問してみたいです。我々の選手たちは何が変わりましたか?」とはぐらかしながらも、次のように答えている。

「要因としてひとつ挙げるとすれば、勝とうとする姿勢。自己犠牲を惜しまず、献身的に走り、最後まで諦めない姿を見せることが、一番変貌(へんぼう)したところだと思います」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18