週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー “現役最強のホンダ車”を徹底解剖! もはや「国民車」の新型N-BOX進化の裏側

ニュース

“現役最強のホンダ車”を徹底解剖! もはや「国民車」の新型N-BOX進化の裏側

[2018年01月04日]

NEW

ホンダの上級車、オデッセイ、NSX、レジェンドを押しのけて(?)、存在感を示すN-BOXとN-BOXカスタム。5年ぶりのフルチェンジは異例(左からオデッセイ、N-BOXカスタム、NSX、N-BOXカスタム、レジェンド)

軽自動車(以下、軽)のホンダN-BOXが5年9ヵ月ぶりにフルモデルチェンジ! 

パッと見、初代と変わってないようだけど、その中身は? N-BOXバカ売れの背景と“ナンバーワン軽”の進化の裏側に迫る!

■モデル末期でもナンバーワン!

新型N-BOXは正真正銘の新型車だが、見た目はオーナーでないと変わったことにすら気づかないほど初代に酷似している。

ただ、見た目はそうでも、新型N-BOXのクルマ本体は、ほとんどゼロからの新開発。しかも「ホンダ初!」の新技術と「マジで軽かよ?」とビックリするほどの贅沢(ぜいたく)装備がテンコ盛りなのだ。

というわけで、新型N-BOXのデキは、とにかくものスゴいことになっている。

新骨格のおかげで、乗り心地はまるでレジェンドのように(?)高級で重厚である上、ビシーッと安定している。そして、最も驚くのは先代と比べて、走行中も飛躍的に静かになっていることだ。

新エンジンはひと言で言えば超パワフル。ターボが速いのは当然としても、新型N-BOXのスゴさは、NAエンジンでも他社のターボに大きく引けを取らないくらいの力強さがあることだ。

新型N-BOXのものスゴさは、こうした走りの部分だけにとどまらず、室内空間にも見られる。なかでもビックリ仰天の飛び道具は、軽で史上初めて前後ウォークスルーを実現した「助手席スーパースライドシート」だろう。

「乗車定員ひとり当たりの広さ」という意味では、4名のN-BOXの室内空間が7名のオデッセイをしのぐほど広いのは今や常識だが、軽のN-BOXが白ナンバーのミニバンに負けていた唯一の弱点が、軽特有の室内幅の狭さゆえに「前後ウォークスルーができない」ことだった。しかーし、新型N-BOXは、ついにその壁を打ち破ってしまったわけだ。

左右席を前後にズラす・・・・・・というまさかの発想で軽初のウォークスルー!

左右席を前後にズラす…というまさかの発想で軽初のウォークスルー!


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18