週プレNEWS TOP 連載コラム セルジオ越後のサッカー「一蹴両断!」 セルジオ越後が齋藤学の“裏切り者”扱いに懸念 「サポーターが文句を言うべきなのは、齋藤ではなくフロントだよ」

連載コラム

セルジオ越後が齋藤学の“裏切り者”扱いに懸念 「サポーターが文句を言うべきなのは、齋藤ではなくフロントだよ」

[2018年01月25日]

欲しい選手がいるなら、ライバルチームの看板選手だろうと遠慮せずにオファーを出せばいいと語るセルジオ越後氏

Jリーグの移籍市場で予想外の動きがあった。齋藤学の川崎への加入だ。

齋藤といえば下部組織からの横浜FM生え抜き。昨季開幕前には海外移籍も取り沙汰されたけど、一転残留を決断。磐田に移籍した(中村)俊輔の10番を新たに背負い、主将も務めた。昨年9月に右ひざに大ケガを負って全治8ヵ月の診断を受けたものの、それまでは俊輔の抜けたチームを、文字どおり牽引(けんいん)する活躍を見せていた。

そんなチームの顔ともいえる選手が、移籍金の発生しない「0円移籍」で、同じ県内のチームに移籍することについて、「裏切られた」と感じるサポーターも多いようだ。

移籍の理由について、クラブを通して発表された本人のコメントは「より難しいところにチャンレンジしたい」「一から自分を作っていきたい」という漠然としたもの。本音は読み取れない。「強いチームに行って、タイトルを獲りたい」であればわかりやすいんだけどね。いずれにしてもスッキリした移籍には見えない。

周辺状況からの推測になってしまうけど、基本的な構図としては、おそらく昨年の俊輔の移籍と同じなのではないか。横浜FMは2014年から外資のシティ・フットボール・グループが事実上の経営権を握っている。昨年はその運営方法に不満を抱えていた俊輔が、「サッカーに集中したい」と磐田への移籍に踏み切った。齋藤もこの1年間、もしくは契約延長に向けての交渉の席で何かを感じたのではないか。もっと、そこに目が向けられていい。

その一方で、シンプルに川崎のオファーに魅力を感じたのかもしれない。川崎は昨季リーグ優勝し、巨額のDAZNマネーを手にした。横浜FMとは比較にならない条件を提示した可能性もある。僕は常々言っていることだけど、プロなら自分をより高く評価してくれるクラブを選ぶべき。プロの評価とはお金だ。今よりも高い年俸を提示するクラブがあるならば、それを拒む理由はない。“生え抜き”や“チームの顔”は、どんなに条件がよくても、ライバルクラブに移籍すべきではない、というのはアマチュア的な考え方。選手の可能性を潰しかねない。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018