週プレNEWS TOP 連載コラム 旅人マリーシャの世界一周紀行 『Blue Hunter』 旅人マリーシャの世界一周紀行:第171回「中央アジアの『美人の条件』は、日本のあの人気キャラにそっくり!?」

連載コラム

旅人マリーシャの世界一周紀行:第171回「中央アジアの『美人の条件』は、日本のあの人気キャラにそっくり!?」

[2018年01月25日]

さらに街を歩いていると、今度は小学校があり子供たちでワイワイしていた。頭に大きなリボンをつけた清楚な感じの少女たちは、興味津々にこっちを見てくる。

そのうちのひとり、愛想のいいカワイイ女のコに私はメロメロ。先ほどもそうであるが、気付けばこの辺り、女子の外見がかわいくなってきているように感じるのは気のせいだろうか。

いや、あながち気のせいとも言えないのは、西へ行くほどイラン系の血が強くなっていくことで、まつ毛が長くクッキリ二重の彫りの深い顔立ちが増えている。いわゆる“日本人が思う”美人が多くなってきているのだ。

美少女と旅人

美少女と旅人

こうして目の保養はできたが、腹は満たされぬままバスターミナルに着いた。すると、そこで見つけた小さな小屋の中は飲食店だろうか、ドアを怖々開けてみると、怪しく光る蛍光灯の下に…

「で、で、出たー!」

そこに現れたのは、オバ……オバちゃん! 眉毛のつながったオバちゃんだった! うっすらながら一本につながっている。

一瞬驚いたが、実はこの「つながり眉毛」は中央アジアでは「美人の条件」とされていて、一部の女性は眉間をハーブの染料でメイクしているのだ。(メキシコの女性画家「フリーダ・カーロ」もかなり主張の強いつながり眉毛であったが、あれもそうなの?)

話には聞いたことがあったけれど、実際に見るとなかなかユニークである。日本だったら、「両さんか!(『こち亀』の両津勘吉)」と言われてしまいそうだけど、所変わればこれが美の象徴。

もしアムロちゃんがやってたら、日本でも「つながり眉毛」ブーム起きてたかな?

つながり眉毛のおばちゃん

つながり眉毛のおばちゃん

やっとありついたごはんはプロフと、白い塊はクルットという乾燥チーズ

やっとありついたごはんはプロフと、白い塊はクルットという乾燥チーズ

【This week’s BLUE】
綿密な幾何学模様や青いタイルの美しいドーム
マリーシャ171-14

旅人マリーシャの世界一周紀行:第172回「恥ずかしい画像はクラウドに!? 大金を隠しきれなくなってウズウズ~」

●旅人マリーシャ
平川真梨子。9月8日生まれ。東京出身。レースクイーンやダンサーなどの経験を経て、SサイズモデルとしてTVやwebなどで活動中。スカパーFOXテレビにてH.I.S.のCMに出演中! バックパックを背負う小さな世界旅行者。オフィシャルブログもチェック! http://ameblo.jp/marysha/ Twitter【marysha98】 instagram【marysha9898】


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27