週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 落合陽一×小山拓也(バンド『ヤバイTシャツ屋さん』ギター&ボーカル、映像作家)「みんな“大人の臭い”に敏感になっている」

ニュース

落合陽一×小山拓也(バンド『ヤバイTシャツ屋さん』ギター&ボーカル、映像作家)「みんな“大人の臭い”に敏感になっている」

[2018年02月04日]

NEW

筑波大学で講義をする落合陽一(右)と「ヤバイTシャツ屋さん」の小山拓也(左)

小山拓也はバンド「ヤバイTシャツ屋さん」をギター&ボーカルとして率いるミュージシャン(バンドでは“こやまたくや”名義)であり、“寿司くん”の名義で同名のアニメ『寿司くん』を製作したり、さまざまなミュージックビデオ(MV)を手がけたりする映像作家でもある。

2016年に大きな話題となり、昨年9月には文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門新人賞を受賞した岡崎体育の楽曲『MUSIC VIDEO』のMVも彼の作品だ。

ただ、彼の作品群の独特かつ圧倒的な面白さを語ろうとしても隔靴掻痒の感は免れない。まだ未体験の方はぜひチェックしていただきたい、と足早に済ませ、小山の才能の“早期発見者”のひとりである落合陽一に、出会いの衝撃を前編記事に続き語ってもらおう。

* * *

落合 小山さんの作品ではポップさが大事な要素になってると思うけど、自分ではどう考えてますか?

小山 僕がやってるのって、ポップって言うより「ベタ」やと思ってて。ベタからちょっとだけずらすのが笑い――関西風の笑いやと思ってるんですけども。

落合 ベタとポップってどう違うんですか?

小山 ポップって言ったら、なんやろ? ベタなのは、例えば吉本新喜劇ですね。

落合 なるほどなるほど。『MUSIC VIDEO』のギミックなんかヤバイですよね。だって、ベタ、ベタ、ベタのベタ殺しじゃないですか。

小山 あるあるネタって、どの世代にもウケるんですよね。それってお笑い芸人の人もよく言うんですけど。『MUSIC VIDEO』はまさにそれで。僕自身はあるあるネタが好きでも嫌いでもないんですけど、それがウケやすかった要因でもあると思うんですけどね。

落合 岡崎体育さんのMVをずっと作ってるけど、彼がメジャーデビューして変わったこととかありますか? 岡崎さんが昨年発表した『感情のピクセル』のMVを観たとき、すげーメジャー感あるなあって思ったんだけど。

小山 あれは前の作品と比べてめちゃめちゃ予算かけてまして。『MUSIC VIDEO』の一発屋だって言われる状況を打破したいと思ってたんで、もう一回バズるように考えて作りました。『MUSIC VIDEO』のチープさを逆に伏線にして、ちゃんとした曲をやったという感じです。岡崎さん、そもそも曲がいいですからね。

落合 確かに、あれはクオリティ高くてよかったと思う。けど、やっぱり僕はその前の『MUSIC VIDEO』のほうが、岡崎さんの「うぉりゃあー!」って感じが出てたとも感じるんだよね。

小山 あのときは、僕が撮ってるアーティストさんがメジャーデビューするの初めてやったし、やっぱり力が入ったんですかね(笑)。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18