週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 語っていいとも! 第52回ゲスト・林遣都「『火花』は自分の中で奇跡的な瞬間がいっぱいあって…」

ニュース

語っていいとも! 第52回ゲスト・林遣都「『火花』は自分の中で奇跡的な瞬間がいっぱいあって…」

[2018年02月04日]

デビュー以来、映画やドラマ、舞台の第一線で活躍し続けている林遣都さん

あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』

前回、俳優の太賀さんからご紹介いただいた第52回のゲストは俳優の林遣都(けんと)さん。

07年に『バッテリー』主演に大抜擢され、その後も『DIVE!!』他、映画やドラマ、舞台の第一線で活躍し続けているが、最近では芥川賞を受賞した又吉直樹の話題作をドラマ化した『火花』や三谷幸喜の舞台『子供の事情』にも出演。

コミカルな役まで演技の幅を広げ、さらに注目されているが、前回はそこに至るデビューの経緯や10年のキャリアについて話を伺ったーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一)

―その最初のイメージが強烈に植え付けられたのもあって。それが後々、悩みや辛さにも繋がるんでしょうけど。そこから楽になれた転機というか、きっかけはあるんですか?

 …『火花』ですかね、やっぱり。

―Netflixで配信されて、NHKでも去年OAされた又吉直樹さん原作の話題のドラマですよね。すごく最近じゃないですか。

 はい。それこそ太賀が、やっぱり彼自身もすごい「負けたくない」っていうのがあると思うし、そんな簡単に同世代のこととかを褒(ほ)めたりしないんですけど。これだけやってきて、1回も「あれよかったですね」とか言われたことなかったのに、初めて「『火花』やられました」って言ってくれて。すごい嬉しかったんです。

―それについて僕も彼に熱くアピられました(笑)。「遣都さんにしかできない芝居だと思って、久々に心震えました。ほんとヤバイですよ」って。

 本当ですか(笑)。

―で、僕も見逃していたんで、正月に一気にチェックさせてもらいました(笑)。

 ありがとうございます。とろサーモンも今当たりましたしね。なんか、『火花』は自分の中で奇跡的な瞬間が結構いっぱいあって。ちょうど『バッテリー』から10年っていうのもありましたし。

廣木隆一監督と出会えたこと…『バッテリー』の滝田洋二郎監督と同世代で、全然タイプは違う方ですけど、どこか通じる空気感みたいなものを感じて。よく「10年に一度そういう作品に出会えたらいいな」みたいな話を俳優の間で聞くんですけど、まさに自分の中ではそうだったんじゃないかなって思って。

―ある意味、一番最初に自分の運命を変えた『バッテリー』以来、10年経って今の自分の集大成的な…。

 そうですね。全部なんか…燃え尽きましたね。ちょうど、そういった物語だったというのもすごくありがたかったです。芸人さんのお話ですけど、共感できることがたくさんあって。関西から東京に出てきて、うまくいくわけもなく、自分の思う通りにいかない日々が続いたりとか。

嫉妬したり、卑屈になったり、酒飲んでフラフラしてっていうのを全面に、あの時の自分をそのままやればいいみたいな撮影がそのタイミングでできた作品だったなと。

―自分を重ね合わせて共感できる作品との出会いだったと…。観させてもらって、なかなか最近こういう贅沢な撮り方をさせてもらえる作品もないなと思いましたが。

 ほんと贅沢でした。こういうことがやりたかったんだって思ったし。また、それを芸人さんたちと共有できたのもラッキーで。漫才だけじゃなく、その裏側まで。

―地上波の連ドラなら1クールで12回とか決まってて、視聴率が悪ければその前に打ち切りもあるし、どんどん要素を詰め込んで、めまぐるしく展開して…みたいな作りですよね。この『火花』に関しては、間のゆったり感とか、ここ削るよなっていう細部までこだわって、贅沢だなと。

 そもそも、廣木さんが台本持ってないんです。その場で「はい、やって」って言って(笑)。台詞でも「なんで、すぐ言うの?」みたいな。で、台本に書いてあるシーンで終わって、止まったら怒られるんでいつまでも続くことがあったりとか。すごい役者を試してくる。アドリブだらけでした。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10