週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 世界累計150万台!で新型登場のSUV「X3」――安くはないが納得できる進化とは

ニュース

世界累計150万台!で新型登場のSUV「X3」――安くはないが納得できる進化とは

[2018年02月07日]

3代目となるBMWの新型X3。

最近は輸入車のSUV、しかも欧州のDセグメントに属すモデルが続々と新型になって日本上陸を果たしている。今回はそんな中からBMWのX3を取り上げたい。X3は2004年に初代が発売され、日本では2011年から2代目へとフルモデルチェンジ。そして、2017年10月に3代目となる新型を発表。13年間で世界累計150万台を売った人気モデルだ。

そんなX3の新型にはBMWの最新プラットフォームが採用された。BMWはこれまで新世代モデルとして7シリーズ、5シリーズを送り出している。実はX3を含めたこの3つのモデルはプラットフォームを共用している。今後登場が予定されている新型3シリーズもこのプラットフォームを採用するはずだ。

それにしてもX3や3シリーズが、5シリーズや7シリーズとプラットフォームを共有するのは、BMWが上級化へシフトしている証拠だ。実際、この上級シフトを受けてかサイズもアップ。全長4720mm×全幅1890mm×全高1675mmと先代よりも全長が55mm、全幅が10mm広がり、先代から確実に大きくなったと感じられる。

デザインは、これまでのBMWテイストを引き継ぎつつも大きく変化はしていない。このあたりは7シリーズや5シリーズと同じ手法で、少しずつ変化していくデザインという感覚か。その意味では相変わらずのBMWテイストといえる。

一方、インテリアはさらに上級モデルに近い雰囲気を手に入れた。ただしエクステリアと同様で、インテリアもこれまでのBMWデザインを踏襲した上で少しずつ変化する仕上げのため、新しさという点では若干物足りなさが残る。

とはいえ、品質の高さと機能性の高さは、さすがBMW。さらに7シリーズから採用が始まったジェスチャーコントロールを与え、12.3インチのマルチディスプレイメーターパネルはタッチ操作も可能に。またセンターコンソールにはスマホを置くだけで充電できる機能も!

気になるX3のラインナップは、xDrive20dとxDrive20iという、ディーゼルとガソリンの2リットル搭載モデルが用意された。それぞれにスタンダード/xライン/Mスポーツという3グレードがあり、選べる。今回試乗したX3はxDrive20dのMスポーツだ。

まず走りだして印象的だったのはエンジン。トルクフルで扱いやすい上に、低回転から力強いという点において、やはりX3のディーゼルは魅力的。BMWのディーゼルは、ディーゼルなのにフィーリングに優れているのが特徴で、回転の滑らかさに加え、吹け上がりの気持ち良さまで味わえる。

このあたりはまさに“エンジン屋”ならではのお家芸。また8速ATとの組み合わせも熟成され、実に気持ちいい味わいとなっている。静粛性も高く、アクセルもほんのわずかに踏む程度で事足りる。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18