週プレNEWS TOP ニュース アイドル “歪んだ偏愛フェチ”の世界で女優・片山萌美が官能シーンを晒した!「一生ないかも?って経験だった…」

ニュース

“歪んだ偏愛フェチ”の世界で女優・片山萌美が官能シーンを晒した!「一生ないかも?って経験だった…」

[2018年02月10日]

『富美子の足』で主演を務める片山萌美

「TANIZAKI TRIBUTE」と銘打たれた、3人の映画監督が文豪・谷崎潤一郎の短編を独自にセレクト、映画化するコラボ競作が順次公開されている。

その中の一遍、『富美子の足』(ウエダアツシ監督)が2月10日(土)よりテアトル新宿で上映。主演はグラビアでも大反響を呼び、女優として活躍の場を広げる片山萌美だ。

谷崎の耽美で官能的なフェチの世界を現代に置き換え、“歪んだ純愛”を新感覚で描くというこの企画だが、彼女が演じるのは、尋常ならざる“足への偏愛”から富豪の老人・塚越(でんでん)が死を目前に見初めた女・富美子。

遺産を譲られることを条件に同居し世話をする傍ら、足を愛でられた挙げ句、フィギュア作家・野田(淵上泰史)によって、その等身大美脚を制作されることになるが…。

個性際立つ名脇役・でんでんと、注目の演技派・淵上との三竦(すく)みで淫靡なエロティシズムを体現。初の濡れ場にも挑み、クライマックスでは壮絶な修羅場まで、呆然の熱演を見せてくれた彼女をインタビュー前編に続き、独占直撃!

―これも以前から「作品のために必要なら脱ぐのは平気」と語っていましたが。今回、そこで性根を据えなければやれなかった…。

片山 覚悟を決めて、全部受け止めてやらなきゃいけないものなので。これはこういう作品で、しっかりと強く…やるしかないんだって。後はもう本番中、監督を信じて、腹据えるしかなかったですね。

写真集でも裸身を晒(さら)したものには挑んでますが。でも実際に作品中の演技で、しかも濡れ場を撮るのは全く違ったのでは?

片山 全然違います。写真集ってキレイに撮ることが前提であって、それもちゃんと約束事があって、こうじゃないと絶対にやりませんという。もちろん、それで覚悟を決めてやるのは同じですけど、でも今回は描写がまず全然違うんで。

やっぱりセックスって本来、見られたいものでもないし。富美子がそうなるものってなんだろうって考えなきゃいけないし、気持ちとか全部ひっくるめて、やるって決めて。でも周りでは片山萌美が脱いだとかってなっちゃうじゃないですか? 私の中では富美子が体当たりしたことで、ちょっと違うんだよなって。

―そのキレイに写真で撮られるのと違って、生々しくリアルに見せなきゃいけないものだったり、カメラの前で恐怖心とか実際に感じた感情は…。

片山 あれは必死でしたね。富美子自体もゴチャゴチャした感情で、野田に助けを求めるみたいな感じだったので。監督も仰ってたんですけど、イヤだって思うことをもっとイヤなことで上塗りしたら、それを忘れられるみたいな。

ゴチャゴチャしたものがいっぱいあって、足以外に自分を求めてくれる状況ってなかったと思うんで、それを求めたのかなと。富美子自身も必死だったと思うし、片山萌美自身も必死だし。それでああいうことになって。

片山萌美2459


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10