週プレNEWS TOP ニュース アイドル 話題の『劇団4ドル50セント』注目度No.1美少女・安倍乙の素顔「私にとって最後のチャンスでした」

ニュース

話題の『劇団4ドル50セント』注目度No.1美少女・安倍乙の素顔「私にとって最後のチャンスでした」

[2018年02月10日]

NEW

安倍乙

―この劇団、在籍メンバーの9割は演技経験ゼロで始まったとか。相当、稽古を積んできていると思うんですが、普段の練習はどれくらい?

安倍 大体、週に数回。公演前は毎日でいつも8時間はやってます。内容はその時々で違いますけど、発声や筋トレなど基本に始まって、エチュード(即興劇)、脚本のある芝居の稽古、歌とダンスの練習もあって。

―それは質量ともにハードですね。現場の雰囲気は?

安倍 ものすごく熱いです。演出家さんからも怒鳴られてまくってて、毎日が真剣勝負というか。

―真剣勝負って、どんな風に怒鳴るんですか?

安倍 最初の頃は特に激しくて「センスないんだからもうやめちまえ!」「今日もできないのかよ!」って。悔しくて、いつも誰かが泣いてたし、中には泣きすぎて過呼吸になっちゃう人もいました。体力的にもきつくて稽古場の隅で毎日3人くらい倒れてる時期もありましたね。あとは劇団員同士で言い争いやケンカもあったし。

―激しいですね…。かなり追い込まれるというか。

安倍 セリフを言うと、怒鳴られるんじゃないかって声が震える時がありました。それにできないと自分のせいで全体が止まっちゃうから、そのプレッシャーもめっちゃあって。でもそれらのすべてがあったから今はひとりひとりのスキルは上がってきたし、絆も深まったと思います。

―安倍さんも倒れました?

安倍 私は大丈夫でした。結構、体力があるみたいで。でもダンスでついていけないことがあって、その時は悔しくて、いつもひとりで泣いてましたね。人に見られるのはイヤなので衣装部屋でこっそりと。

―劇団に入った時は、ここまで壮絶だと思ってました?

安倍 全く。もっと華やかな世界だと思ってました。まさかって感じです(笑)。

―ですよね。そもそも安倍さんは、なぜ入団を?

安倍 ずっと女優になりたくていろんなオーディションを受けては落ちていたんです。一度、大手事務所の最終面接までいったんですけどダメで。受かると思っていたので、予定してた海外留学もキャンセルしていたんです。だから、かなり落ち込みました。


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27