週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 25歳にして総作画監督! 注目の女性アニメーター・矢野茜が“アニメのおしごと!”を志した理由

ニュース

25歳にして総作画監督! 注目の女性アニメーター・矢野茜が“アニメのおしごと!”を志した理由

[2018年02月20日]

人気

『りゅうおうのおしごと!』では、キャラクターデザインと総作画監督を務める矢野茜さん

現在放送中のTVアニメ『りゅうおうのおしごと!』――16歳の若さにして将棋界の「竜王」のタイトルを保持する主人公・九頭竜八一(くずりゅうやいち)の元へ、内弟子になるため9歳のヒロイン・雛鶴(ひなつる)あいが自宅へ押しかけてくるというストーリーだ。

そんな作品に登場するカワイらしいキャラクターたちをデザインしているのがアニメーターの矢野茜さん。弱冠25歳にして総作画監督も兼ねて大役を任されている彼女はその愛らしい容姿も注目されており、ネット上でもカワイすぎるアニメーターとして、たびたび話題となっている。

そこで矢野さんを直撃、アニメーターになったきっかけやアニメ業界でのエピソード、知られざるプライベートな話題までお話を伺った。日本のアニメに欠かせない「アニメーターのおしごと」の一端をお届けする。

■挫折から見えてきた絵を描く道

―アニメーターになったきっかけから伺えればと思います。子どもの頃からアニメはお好きだったのですか?

矢野 物心ついた時から絵を描いていたんですけど、小学校4年生くらいに放送していた『犬夜叉』のアニメにハマっていました! その時はずっと高橋留美子先生の絵ばっかり描いていて(笑)。マンガやアニメに興味を持ったきっかけは『犬夜叉』が大きかったですね。高校生になっても好きで、深夜アニメを観はじめて『ef – a tale of memories.』(※1)に出会い、第2の衝撃を受けました。

※1 07年放送、シャフト制作のTVアニメ。原作となるPCゲームではOPを新海誠が手がけ話題に。TVアニメ化された際も、監督・大沼心の斬新な映像演出が注目を集めた。

―そこから本格的に絵の道を志していったのですね。

矢野 うーん…「将来、絵を描ければいいな」って漫画家さんになりたかったんですけど、狭き門だなと思って、絵の道に進もうとは考えてなかったんです。高校を卒業したあと、すぐに就職しました。

―どんなお仕事を?

矢野 イタリアンレストランのウェイトレスです。ですが、それまでアルバイトの経験もなく社会に出てしまったので、自分の仕事のできなさにびっくりしてしまって…。注文を取ることもできなくて2ヵ月で辞めてしまったんです。

―そんな挫折があったとは…。

矢野 本当に毎日「辞めたい辞めたい」って泣いていたんですが、そんな時に『こばと。』というアニメを観て心救われたんです。それを見た父から「やりたいことをやりなさい」と言ってもらって、翌年に専門学校へ行くことにしました。

―専門学校ではアニメーターと声優、両方の勉強をされて。

矢野 「どっちもできたらいいじゃん!」っていう気持ちで。在学中、最終的にどちらかの道を選ぼうと思った時、小さい頃からずっと生活の一部で自分の中で大きな存在となっていた「絵を描くこと」の道を選びました。

お父さんにも「おまえは本当にずっと絵を描いているな」と、ある時、ふと言われて「私はずっと絵を描くことと共に生きてきたんだな」って感じたんです。

―そうだったんですね。でも、両方の現場を知っている人はかなり珍しいですよね。

矢野 声優さんは声で演じていますが、アニメーターは絵を描いてキャラクターに芝居をつけていくんです。芝居や動きを描く時も初めに自分で実際にやってみて描くので、キャラクターになりきるという点ではどちらも演者だと思いますね。

矢野さんが、キャラクターデザインと総作画監督を務める『りゅうおうのおしごと!』

矢野さんが、キャラクターデザインと総作画監督を務める『りゅうおうのおしごと!』


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27