週プレNEWS TOP 連載コラム 市川紗椰のライクの森 市川紗椰がどハマリする海外の車改造番組 「日本だと車検に通らないと思います(笑)」

連載コラム

市川紗椰がどハマリする海外の車改造番組 「日本だと車検に通らないと思います(笑)」

[2018年03月02日]

コペンには、無理やりヘミエンジンとか積むのを見てみたいです

『週刊プレイボーイ』本誌で連載中の「ライクの森」――。

人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。

前回、アメリカの車改造番組の“刺激的な”魅力を教えてくれた彼女。今回はさらにイギリスや日本の車改造番組についても語る。

* * *

先週に引き続き、私が今、どハマリしている「車改造番組」について語ります!

『アメ車工房 最強タッグの大作戦』の主な登場人物は、ピットブルとリープというふたり。特に注目すべきは、バングラデシュ人のリープです。彼は、とにかく車のそこかしこを電動のこぎりで切っちゃうんですよ。しかもフリーハンドで(笑)。それでバンパーやライトだけ別の車のものにつけ替えたり、2台の車のボンネットを無理やりつなぎ合わせてハンマーで板金したりするんです。

まるでフランケンシュタインのようにつぎはぎだらけの車が、だんだん形になっていくのを見ると、車というものに関する概念を揺さぶられますね。まあ、日本だと到底、車検に通らないと思いますが(笑)。

これらアメリカの車改造番組のカスタムショップの人々に共通しているのは、とにかくデカいエンジンが好きだということ。例えば、ポルシェの中にシボレーのV8エンジンを積んで、「これでパワフルになったぜ!」とか言ってるんです。彼らは基本的にアメ車至上主義なので、日本車なんかの評価は低いです。「こだわりがないならホンダのシビックでも乗ってれば?」「ワハハ!」なんていうふうに、ジョークのネタにされることもしょっちゅう。

こうしたアメリカの車改造番組とはちょっと感性が違うのが、イギリスの『名車再生!クラシックカー・ディーラーズ』。2003年から放送されている長寿番組で、年末になると拡大版が放送されたりするほどの人気があります。アメリカのリアリティ番組は、カスタムショップの人々の人間模様やトラブルにフォーカスしがちですが、この『…ディーラーズ』は、リストア作業を丁寧に追った、結構まじめな番組ですね。

ただ、気になるのがお金の問題。工房の人たちは、「今回は◯ポンドでリストアできた!」とか喜んでいるんですが、その金額には材料費や外注費しか含まれていません。よくよく考えると、メカニックの人は実質的にタダ働きなんです(笑)。番組を見終えるときには、「これでよかったのか!?」といつもモヤモヤした気分にさせられます。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018