週プレNEWS TOP 連載コラム 古賀政経塾!! 日本経済を成長させる!? 北海道「しずお農場」の“外国人労働者の受け入れ方”に注目!

連載コラム

日本経済を成長させる!? 北海道「しずお農場」の“外国人労働者の受け入れ方”に注目!

[2018年03月03日]

外国人労働者の受け入れで、古賀茂明氏が注目する北海道の企業の人材登用策とは―?

少子高齢化が急速に進む日本において、不可欠になるだろう外国人労働者の存在。

その受け入れ方について、『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が注目する北海道の企業の取り組みを紹介する!

* * *

「アベノミクス」では日本は豊かにならない。安倍政権の5年間で、円安を追い風に企業収益は拡大したが、実質賃金は目減りし、国内消費は冷え込んだまま。株高も異次元の金融緩和で日銀が買い支えている側面が強く、GDPも伸び悩んでいる。

今こそ「アベノミクスを超える経済政策」を打ち出さなければならない。前回のコラムで予告したように、本連載では、今後何回かに分けてそのヒントを探っていきたいと思う。

今回のテーマは「移民政策」。少子高齢化が急速に進む日本において、労働人口の確保は喫緊(きっきん)の課題だ。安倍政権も2014年に「毎年20万人の移民受け入れを本格検討する」と発表したが、外国人労働者は、これから日本でより不可欠な存在になるのは間違いないだろう。

そんななか、私がひそかに注目している企業が北海道北部の士別(しべつ)市にある。市内の丘陵地で体験型農場を営む「かわにしの丘 しずお農場」だ。

ここの売りは267ha(ヘクタール)の広大な農場で育てる士別産サフォークラム肉だ。ハウス栽培にも力を入れており、高級フルーツトマトなどを生産出荷している。牧場内にはペンション、レストランが併設されていて、宿泊客は新鮮な羊肉やトマトをふんだんに使った料理を楽しめる。しずお農場は1次産業の生産、2次産業の製造加工、そして3次産業のサービス・販売をトータルで手がける、いわゆる「農業の6次産業化」を実践する地場の有望企業だ。

そして、しずお農場で何よりも注目すべきなのは、その人材登用策である。

地方の企業は都市部以上に若くて優秀な労働力の確保に苦しんでいる。それは、道北の人口2万人ほどの小さな自治体にある農場も例外ではなかった。経営者の今井裕さんによると、市の中心産業は農業と建設業であり、その従事者の平均年齢は55歳を超えているという。そこで今井さんが目をつけたのが、ベトナム人技能実習生だ。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018