週プレNEWS TOP 連載コラム 即買いガジェット 2018年の“スマホ”トレンド!「縦長ディスプレイ」のメリットとは?

連載コラム

2018年の“スマホ”トレンド!「縦長ディスプレイ」のメリットとは?

[2018年03月05日]

縦長の5.65インチで価格も1万円台後半からと格安!

昨年の4月に世界で販売が開始されたサムスンのGalaxy S8シリーズから注目度が急上昇した、縦長ディスプレイ。

昨年までは一部の上位モデルに限定される装備だったが、今月になってファーウェイ、ASUS(エイスース)という大手メーカーが縦長ディスプレイを採用した格安モデルを投入開始!

どれも物理ボタンを廃止し、ディスプレイ縦横の比率であるアスペクト比は18:9。ニュースサイトや2chのスレチェックなどでは一度に見られる表示量が多く、かなり快適に閲覧できる。さらに横幅はコンパクトで握りやすい。

これはスマホのトレンドになるのも納得かと!

★基本性能重視で高コスパな一台!006
ZenFone Max Plus
ASUS/実勢価格3万2000円前後
縦長5.7インチディスプレイを搭載し、2枚のSIMを同時に運用できるDSDS機能にも対応。4130mAhの大容量バッテリーは、ほかのスマホやゲーム機を充電することも可能だ。007
背面はデュアルカメラで、インカメラは顔認証にも対応。この価格で高級機並みのスペックを装備!

★格安SIMに乗り換えなら、これ!!008
nova lite 2
HUAWEI/2万円+税(楽天モバイルでの価格)
格安SIMブランド向けの専売モデルで回線契約が必須だが、縦長の5.65インチで、デュアルカメラを搭載し、本体はアルミボディ。これでこの値段は安すぎだろ!

★最強スペックを誇る縦長モデル!009
Mate 10 Pro
HUAWEI/8万5000円+税
RAM6GB、ROM128GBで6インチの有機ELディスプレイを装備。お値段以上に高いスペックを誇り、各サイトのレビューでは高評価を大連発する人気モデルだ。

★iPhone Xは縦長ディスプレイなのか?010
iPhone X
Apple/11万2800円+税~
iPhone Ⅹには5.8インチの有機ELディスプレイが搭載される。こちらのアスペクト比が2.17:1とという特殊な数値になっているが、これも立派な縦長ディスプレイ。従来のiPhoneはすべて16:9のアスペクト比となっている。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.22

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018